スイムジグおすすめ25選|選び方やトレーラーもご紹介!

ナチュラルな波動でタフな状況でもビッグバスを反応させるスイムジグ。琵琶湖をはじめ全国のフィールドでも活躍する場面が多いルアーです。しかし、種類が多いスイムジグの中から、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事ではスイムジグの選び方のコツやおすすめ製品、トレーラーにピッタリのワームをご紹介します。

スイムジグとは

スイムジグとは、ラバージグにトレーラーをつけてスイミングさせて使うことに特化したリグのことです。一般的にラバージグ+シャッドテールの組み合わせが主流になっています。

「スコーンリグ」や「巻きラバ」と呼ばれることもあり、スピナーベイトやバイブレーションのようにキャスト&リトリーブで広範囲をサーチすることに長けたルアーです。

特徴は、シングルフックなので根がかりが少ないのがポイント。ウエイトにより、表層からボトムまで幅広く対応できます。

スイムジグの使い方

スイムジグは遠投して巻くのが基本。着底させてから一定の速度で足元まできっちり巻いてくるのがスタンダードな使い方です。もちろんラバージグのウエイトを使い分けて、各レンジ(泳層)を細かく探ることも可能。レンジをキープして、一定の速度で巻くのがポイントです。

スナッグレス性が高いので、ウィードエリアやカバーをタイトに攻めることができるのもスイムジグの魅力。琵琶湖ではウィードに軽くタッチさせながら引いてくる釣りが、春の王道パターンとして確立しており、毎年ビッグバスの実績がSNSなどにアップされています。

スイムジグは、スピナーベイトよりもアピールを抑えたいときにピッタリなリグです。水質がクリアなときや、プレッシャーの高いエリアではワームのソフトでナチュラルな波動が威力を発揮します。

スイムジグの選び方

◾ヘッド形状

スイムジグのヘッド形状には、主にフットボール・スリム・フラットの3つの形状があります。ラバージグを巻いて使えばスイムジグなので、特に決まった定義があるわけではありませんが、それぞれの特徴を抑えておけば選ぶ際の参考になります。

フットボール

その名のとおり、フットボールのような形をしたものです。スイム姿勢が安定していて、浮き上がりにくいためレンジキープがしやすいのが最大の特徴。

スリム

ヘッドの形状が三角形になっているタイプ。先端が尖っているのでスリ抜けが良く、ウィードなどのカバーが多いポイントで使いやすいです。

フラット

ヘッドの先端が平らで、水を受けやすい形状になっています。ZAPPUのPDチョッパーが代表的。浮き上がりやすく、ゆっくり引けるメリットがあります。シャローや表層付近を攻めるのにおすすめです。

ウエイト

おかっぱりで使用するなら、1/4oz(7g)、3/8oz(10.5g)までが使いやすいでしょう。これ以上重いと、シャローが多いおかっぱりでは根がかりが多発したり、ボトムのゴミを広いやすくなります。

おかっぱりでも水深の深い場所や、ボート釣行なら1/2oz(14g)以上がおすすめ。ただ、スイムジグに使用するトレーラーはボリュームがあるものが多いので、その分ウエイトが増すことも考慮しましょう。

◾ガードの有無

スイムジグ専用に設計されている製品にも、通常のラバージグのようにガードが付いているものもあります。根がかりしにくく、ウィードなども拾いにくいメリットがありますが、フッキング率がやや低下するのがデメリットです。

ただ、ガードの本数が少なくなっていたり、柔らかめの素材を使用しているなどフッキングしやすい工夫が施されたもの多いので、選ぶ際はチェックしてみましょう。

◾トレーラーの選び方

基本はシャッドテールですが、グラブやピンテールなどでもOK。自分がいいと思えるトレーラーを自由に組み合わせてみましょう。サイズは4インチ前後が一般的です。ベイトが大きい琵琶湖などでは、5インチ前後がよく使われています。

スイムジグのおすすめ

◾ニシネルアーワークス スメルトヘッド

出典:Amazon

琵琶湖の北湖で実績の高い超リアルなスイムジグ。最大の特徴はスイムジグでは珍しい後方重心のアイポジション。これによりやや前傾姿勢のスイム姿勢をキープし、足元まで水平姿勢を保ちやすくなっています。

また、下へ潜ろうとする力も加わり、同じウエイトでも深いレンジを引くことが可能。テール部分がやや上向きになるので、根がかりが少ないのも魅力です。

◾デプス  ハイパーフットボールジグ

出典;Amazon

スイミング専用に設計されたフットボールタイプのスイムジグ。ヘッドのやや後方に設置されたラインアイにより浮き上がりにくく、一定の層をキープしやすくなっています。

ロングシャンクのフックが採用されており、ショートバイトも捉えやすいのも魅力。デカバスとのやり取りも安心の強度も備えています。

◾デプス  コンツアージグ

出典;Amazon

木村建太氏プロデュースの万能型ラバージグ。カバー打ちからスイミングまでオールラウンドに活躍してくます。

専用設計のリューギ製のフックは、TCコートが施されておりスムーズなフッキングが可能。太く針のあるシリコンスカートは、スイミング時でも水を掴み続けるためアピール力は抜群です。

◾デプス  フラットバックジグ

出典;Amazon

スリ抜け性能に優れたヘッド形状でヘビーカバーに強いのが特徴。ヘッドが水を受けて浮き上がりやすいので、シャローをゆっくり引きたい時におすすめです。

アシ際や込み入ったカバーでも、スルスルとすり抜けるようにスイミングしてくれます。ストラクチャーをタイトに通していけいるラバージグです。

◾デプス  マツラバ

出典;Amazon

カバー攻略に特化したスイミングジグ。後方重心のヘッドが、障害物回避性能を高めています。ヘッド下のカップが適度な抵抗を生み、操作性が高いのも魅力。

ウィードをタッチしながらも、スタックし過ぎないスイミングジグを探している方におすすめです。

◾ファットラボ ネコソギジグ AIM

出典;Amazon

ネコソギで支持を集めるファットラボのラバージグ「AIM」。コンパクトながら左右にワイドなヘッドは、着底時の前倒れ、横倒れを軽減します。

スイミングでは浮き上がりにくく、安定した姿勢で泳ぐためレンジキープしやすいのが特徴。ボトムでもスイムでも使いやすいジグに仕上がっています。

◾DRT  スーパーシャトル

出典;Amazon

カップ形状のヘッドが水を受け、浮き上がりやすいスイムジグ。ラインをたるませて、とにかくゆっくり巻いて使用すると威力を発揮します。

琵琶湖でも数々のビッグバスの実績が報告されおり、高い支持を獲得しているルアーです。1/4・3/8ozがラインナップされています。

◾ZAPPU  PDチョッパー jr.改デッドスロー

フラットなヘッド形状で、水の抵抗を感じながらスローに引いてこれるスイムジグです。本製品はあえて比重の軽い素材が使用されているデッドスローモデル。

トレーラーには、ジャッカルのアンモナイトシャッドを組み合わせるのが鉄板となっています。

◾エンジン  スイミングマスター

出典;Amazon

琵琶湖ガイド・国保誠氏がプロデュースしたスイムジグ。敢えて、ほどよいスタック感を出すために設計されたヘッド形状が特徴です。

適度にウィードにスタックさせて、ロッドをあおって外すのではなく、ローギアリールのリーリングで外していくのが、国保ガイド流スイムジグの使い方。琵琶湖に釣行の際は、ぜひ試してみてください。

◾エバーグリーン  グラスリッパー

出典;Amazon

スリ抜けやすいヘッド形状でありながら適度なスタック感をもたせることにより、ウィードから外れた瞬間のバイトチャンスを演出できるのが特徴です。

スイム姿勢が安定していて、トレーラーのタイプを選ばないバランスの良さも魅力。

◾エバーグリーン  スイミングトゥルーパー

出典;Amazon

ジョイント式のオフセットフックを採用されたスイムジグ。トレーラーの自由度が高く、ワームのアクションを最大限引き出すことができるのが魅力です。

フックポイントが隠せるので、カバーが濃いエリアでもガンガン投げ込むことが可能。ヘッドとフックがジョイント式なので、ジグ特有のバレやすさも軽減されています。

◾イマカツ  モグラスイムジグ

出典;Amazon

ロングセラーのモグラジグ・スイミングをさらにブラッシュアップさせた「モグラスイムジグ」。

ブラシガードの位置、角度、強度にこだわりぬき抜群のスリ抜け性能とフッキングパフォーマンスを実現させています。5インチクラスのシャッドテール、ジャバロンとの相性が◎。

◾O.S.P  JIG ZERO SIX スリッパー

出典:Amazon

対シャローカバー用に設計されたスイムジグ。スリ抜けの良いヘッド、強めのガードでヘビーカバーへ臆することなくキャストできます。

ワームキーパー部分には、つまようじを刺すペグホールが設けられているので、トレーラーワームがズレる心配をせずにフルキャストできるのも魅力です。

◾O.S.P  ウィードライダー

出典;Amazon

琵琶湖ガイド・森田哲広氏がプロデュースしたスイムジグ。広大なウィードフラットをストレスなく引けるスイムジグに仕上がっています。

ややカーブ気味のフォール姿勢はウィード絡みを軽減し、スムーズな巻きだしが可能です。ペグホール搭載でトレーラーをつまようじで固定すれば、ワームのズレを気にせず釣りに集中できます。

◾イズム  カーヴァー

出典:Amazon

スクリュー型ワームキーパー搭載のヘッドとオフセットフックの結合部分が自由に動くジョイントタイプです。

高いスリ抜け性能のヘッドとフックポイントが隠れるオフセットフックの組み合わせは、抜群のスナッグレス性を発揮。低重心設計のヘッドは安定したスイミング姿勢と優れたレンジキープ力を備えています。

◾ジャクソン  バレッジスイマー

出典;Amazon

超低重心ヘッドにより、一段下の層を効率よくトレースできるスイムジグです。ウィードの中に潜むセレクティブなビッグバスを直撃します。

少し後方に張り出したヘッドの下部は、トレーラーの頭にフィットし一体感が増しているのも特徴。ウィードの多いポイントにおすすめです。

◾ダイワ  ラピッズスイマー

出典;Amazon

流れの中でも浮き上がりにくいヘッド形状が採用されたスイムジグです。左右に張り出したヘッドはダウンフォース効果を生み出し、優れたレンジキープ力を発揮します。

一定レンジをキープすることが求められるスイムジグの釣りをマスターするのにおすすめです。

◾プロズファクトリー  プロズスイムジグ ミッドレンジ

出典;Amazon

ラバージグ専門メーカーが作るスリ抜けとフッキング性能を両立したスイムジグ。安定したスイム姿勢で、早巻きからスローなアクションにも対応します。

基本性能が高いので、テンポ良くキャストし続けることが可能。4/0フック採用で、不意のデカバスでも安心してファイトできるのもポイントです。

◾レイドジャパン  ヘッドスライド

出典;Amazon

対カバー用のスイミングジグ。三角型のヘッド形状でスリ抜けが良く、ブラシガードはフッキングを妨げない絶妙な強度に設定されています。

比較的浮き上がりやすいので、シャローや中層をスローにトレースするのに最適。トレーラは同メーカーが販売しているフルスイングがベストマッチします。

◾ティムコ  パワーグライドジグ

出典;Amazon

カバースキャットでお馴染みの冨本タケル氏が激賞するウィード攻略型スイムジグ。

ヘッド形状、フック強度、ズレないワームキーパー、ベストな硬さのガードと対カバーやストラクチャー攻略にスキのないスペックを備えています。ウィードをタイトに攻めたいときにおすすめです。

◾ティムコ  ロベルタスイムジグ

出典;Amazon

ヘッドの素材にプラスチックを採用した画期的なノンウェイトのスイムジグ。ノーシンカーワームのように、水面直下でのデッドスローリトリーブが可能です。

ラバーの揺らめきがプラスされたアクションは唯一無二。シャロー攻略の幅を広げたいアングラーにおすすめです。

◾ケイテック  ラバージグ モデルⅢ スイムジグ

出典;Amazon

すべてのレンジを高次元で攻めることができるスイムジグです。トレーラーの先端をねじ込むスクリューパーツ搭載で、フックポイントが隠れる仕様になっています。

湾曲したヘッド形状はスイム姿勢の安定に貢献。同社のスイングインパクト4.8がベストマッチする設計になっているのもポイントです。

◾一誠  bibibiマルチ   

出典;Amazon

形状の異なるスカートを混在させたスイムジグ。スイミングやアクションに水流を受け、艶かしく揺らめき、食い渋るバスにアピールします。

フラットな面を持つヘッド形状は、シャローをゆっくりトレースするのに◎。ボトムでも安定した姿勢をキープします。トレーラーには、同社のキャラメルシャッドとの組み合わせがおすすめです。

◾メガバス  UOZE SWIMMER

出典;Amazon

ブレードを搭載したメガバス・ウオズスイマー。シングルウィローのフラッシングと波動で、セレクティブなビッグバスをバイトに持ち込みます。

リアルなヘッドはスリ抜けを重視し、若干張り出したエラは適度な巻き抵抗を与え、操作性が良いのもポイント。ロングシャンク・ワイドゲイブのフック採用で、デカバスに対応している点も抜かりがありません。

◾バレーヒル  ビートライダー

出典;バレーヒル

ロングノーズアイが搭載された特徴的なスイムジグ。ウィード回避性能に優れ、トレーラー本来のアクションを妨げにくくなっています。

琵琶湖ガイド・奥村哲史氏プロデュースだけあり、広大なウィードフラットを効率よく釣っていくのにおすすめです。スイムジグ好きには気になるアイテムとなっています。

スイムジグのトレーラーにおすすめなワーム

スイムジグによく使われているトレーラーを紹介します。実績のある製品をピックアップしていますので、参考にしてみてください。

◾ジークラック アイアンシャッド

デッドスローに引いてもプルプルとテールがよく動くシャッドテール。頭を左右に振りながら安定したスイム姿勢をキープできます。

フッキング率を高めるために、ボディ上下にスリットが入っているのもポイント。匂いと味でバスのバイト時間を伸ばすことができるのも魅力です。

◾ジャッカル  アンモナイトシャッド

出典;Amazon

アピール力抜群のシャッドテール「アンモナイトシャッド」。ゆっくり巻いてもしっかり動く強波動のテールとボリューミーなボディが特徴です。

ボディにはラトルホールが装備されているので、サウンドでもアピールすること可能。PDチョッパーとの組合わせは、秦拓馬氏の鉄板となっています。

◾サワムラ  ワンナップシャッド

出典;Amazon

ソフトなマテリアルが独特のウォブリングを発生させるシャッドテールです。発売以来、アングラーからの高い支持を集めています。

絶妙な比重により、ノーシンカーでのポテンシャルが高いワームですが、スイムジグのトレーラーとしても高次元に対応してくます。

◾レイドジャパン  フルスイング

出典;Amazon

デッドスローで巻いても、テールがしっかり動くシャッドテール。ボディを左右にくねらせながら、足元まできっちり泳いでくれます。

そのアクションは、スイムジグと組み合わせても秀逸。シャローをゆっくり引いたり、中層をデッドスローでトレースするのにおすすめです。

◾Berkley  パワーウィグラー

出典;Amazon

キムケンプロデュースのクランクベイトのような強い波動を求めたシャッドテール。狭い水路や小規模インレットなど、ストライクゾーンが狭いポイントでも、しっかりアピールする力強いテールの動きを実現しています。

シャッドテールの弱点であるアピールの物足りなさを解消したワームです。

◾デプス  BM-ホッグ

出典;Amazon

巨大な2本のグラブテールをもつホッグ系ワーム。逆付けされたテールは、レスポンが良くシャッドテールでは出せない波動を生み出します。

ガード付きジグでアシ際のカバーを打ち、反応がなければそこからスイミングで誘うこともできます。

スイムジグはデカバス率が高いルアー

おすすめのスイムジグをご紹介しました。スナッグレス性に優れ、ナチュラルな波動で食わせ能力の高いスイムジグ。投げて巻くだけなので、どんなフィールドでも気軽に使えるのが魅力です。ビッグバスの実績が高いのも人気の秘密。次回の釣行には、タックルボックスに忍ばせていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました