デプス スリザーク 高速ドッグウォークで見切られない!他とは一線を画すフロッグ

デプスのスリザーク。キムケンプロデュースのフロッグですが、このスリザークは他のフロッグとはコンセプトが異なります。

動かしにくいフロッグの部類に入りますが、この動かしにくい所にスリザークが他のフロッグとは一線を画す理由があります。

スリザークの特徴をみていきたいと思います。

ハコフグ形状の四角いボディーによる力強い水押し

スリザークの特徴といえば、側面が切り落とされた四角い角張ったボディーです。ただ四角いだけでなく、中央が凹んでいます。

この側面により、ドッグウォークした時に力強く水を押してくれます。

ただこの形状が「スリザークはドッグウォークしにくい、動かしにくい」と言われる要因になっています。

しかし、しっかりドッグウォークした時の威力をしっている開発者は、あえてこの形状を取り入れています。

センターウェイトによる水平姿勢

スティールフロッグ フックの後ろにウェイトが配置させている

普通のフロッグは後方ウェイトを採用している場合が多く、浮き姿勢は立ち気味になります。利点はターンさせやすくなるからです。移動距離を抑えて、ネチネチ誘うのに向いています。

スリザーク フックの前にウェイトが配置されている

一方、スリザークはセンターウェイトになっています。これにより浮き姿勢が水平になり、ターンしにくくなります。利点としては、直進性が向上します。

四角いボディー+水平姿勢で、他のフロッグに比べてよりドッグウォークしにくい設定ですw

動かないと言われるのも、よく分かります。

しかし、この組み合わせのお陰で、他にはない力強い水押しが可能になります。この水押しによる後方の波紋が、バスに見切られにくい武器になります。

柔らかボディーで抜群のフッキング

スリザークのボディーは、ものすごく柔らかいです。バスは噛みつくバイトはせず、吸い込むようにバイトするので、口の中で潰れて針が掛かりやすくなっています。

柔らかいですが、スナッグレス性能は損なわれていないのがスリザークの良い点です。

ただ、柔らかい分、形状が変形しやすいのでボディーとフックの接合部がすぐにとれてしまうのが欠点です。しかし強力接着剤で補修すれば、もとに戻ります。

止めずに高速ドッグウォークが一番釣れる

スリザークの使い方で一番よく釣れるのが、一切止めずに行う連続での高速ドッグウォークだと思います。

動かしづらい物を動かしたときの水押による引き波と、直進性に優れたボディーによるスライド幅の大きい高速ドッグウォーク。

バスに見切られない要素が詰まっています。

ハッキリとルアーの姿は見えないが、何かが素早く動いて逃げていく・・・。

バスは口を使うしかありません。

スリザークを高速ドッグウォークさせる為には、細かくトゥイッチする必要があります。右利きの私は以前まで、ベイトはオール右ハンドル(スピニングでのミドストは左ハンドル)でしたが、左腕で細かいトゥイッチをすることが出来きず、スリザークの為だけに左ハンドルのベイトタックルを買いました。

しかし、それくらいスリザークの高速ドッグウォークは魅力的であり、一生使える武器になると思います。

やはり高速で細かくトゥイッチする場合、利き腕でロッドを操作する方が、明らかにやりすいです。リールの巻取りは超ギコチナイですがw

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

琵琶湖のフロッグゲームを完成させる deps SIDEWINDER GP ブッシュバイパー
サイドワインダー・ブッシュバイパー。キムケンプロデュースの中弾性パワーロッドです。PEラインの使用を前提にしたスパイラルガイド、ヒシモごと強引に引き寄せるパワー。フロッグを繊細に扱えるレングスとティップ。本気のフロッグロッドとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました