デプス Bカスタム・チャターは他のブレードベイトとはコンセプトが違う

春に限らずシャローエリアを、パイロットルアー的に巻き倒すのにもってこいのルアーがあります。デプスのBカスタム・チャターです。

このBカスタム・チャター。形は一見すると普通のチャターの形に見えますが、他メーカーのブレードベイトとは、そのコンセプトが全く異なっていることは、みなさんご存じでしょうか。

ボトムコンタクトのshinです。

決して千鳥らないチャター

チャターが出だした当初の特徴として、チドるというものがありました。これはリーリング中に定期的に水噛みが抜けるイレギュラーなアクションを生みだして、リアクションバイトを誘発する狙いがあります。

ハマれば、好釣果が期待できるのですがこれには弱点がありました。ブレードとトレーラーによる繊細なセッティングが必要なチャターベイトにおいて、定期的にチドらせることは難しいということです。

そこで、デプスのBカスタム・チャターは決してチドらないチャターになっています。極薄の0.3mmのブレードは立ち上がりから強烈に水を噛み続け、抜けることなく安定してアクションしてくれます。

強烈なバイブレーション

(deps HP)

ブレードが奏でる金属サウンドにバイブレーションが特徴的なBカスタム・チャター。

初めて使った時は、音とバイブレーションの強さにビックリしました。リーリングしていると、ラインを伝って音が聞こえてきそうなほどです。

ちょっと強すぎじゃないかと思ってましたが、濁りが入った時や、ウィードの中にいるバスに気づかせてバイトに持ち込むには丁度いい感じです。

私は引っかりにくいバイブレーションのイメージで、シャローのウィードエリアでも、ガンガン引いています。

トレーラーによってアクションが変化

ブレードのセッティングが必要になりますが、ブレードの上部をペンチで少し曲げて使うのが基本です。曲げることによって、より安定したアクションが得られ、バイブレーションが若干マイルドになります。

使用するトレーラーはデスアダー5インチを基本にするとシックリきます。デスアダー6インチにするとアクションは少し小さくなり、チビアダーにすると大きくなります。

ちなみに開発者であるキムケンこと木村健太プロはデスアダーを横向きにして、使用してます。

デスアダースティックをトレーラーにすると、より安定した泳ぎになるので、いろいろと試して好みのトレーラーを見つけるのも面白いと思います。

あわせるロッドとしては、サイドワインダーならアウトクロスかバレットショットがいいと思います。

ヘビーバーサタイル deps SIDEWINDER アウトクロス
今回はdepsのバーサタイルロッドを紹介したいと思います。depsのアウトクロス。6.7フィートのレギュラーテーパーのロッドです。ボトムコンタクトのshinです。レギュラーテーパーの凡庸性レギュラー...

まとめ

他のにはない特徴をもった、デプスのBカスタム・チャター。

決してチドらない安定した泳ぎと高レスポンスのブレード。

強すぎると思える音と強波動。

シャローエリアにおいて素早いサーチを可能にし、早い釣りでキャスト数を増やし、バスに気づかせてバイトに持ち込むことのできる無二のブレードベイトと言えると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました