デス6ジグヘッドスイミング 北湖人気カラー

デスアダー6インチジグヘッドスイミングで、何とか北湖のポンポコリンなバスを釣るのが、目下の目標なので

すが、少ない釣行、限られた時間の中で少しでも可能性を上げたいと思うのは、誰しも同じではないでしょうか。

やはり実績のあるカラー、釣れていると言われているカラーは気になるところですよね。

水が超クリアな琵琶湖北湖では、アピールを抑えたナチュラルカラーがやはり定番となっているようです。

北湖の人気の3カラーをシェアしたいと思います。

ウォーターメロンプロブルー

北湖で最強と言われるプロブルーとウォーターメロンの合わせ技カラー。水に溶け込み違和感のない存在感でアピールできます。

もし、見つけたら即ストック分まで確保すべきカラー

人間が見て良い色だなと思うカラーです。魚と人間の感性は合致するのでしょうかw!?

上下で色が違うツートンのデスアダーは、色ムラがあるのがまた面白い所でもあります。プロブルーが多めだったり、テールが一色だったり(ホントはテールもツートン)。奇跡の配合の1本があるかもしれないので、使う前に注意して見たほうがいいです。

クリア・ウォーターメロン

ウォーターメロンのクリアバージョン。

これも水に溶け込み、ナチュラル感を演出できるカラーになっています。水質が超クリアな水域で、いかにも威力を発揮しそうです。

しかし、ウォーターメロンという色はバス業界のノーベル賞級のカラーですよね。ネーミングも脱帽です。確か今江さんでしたっけ?記憶が曖昧なので、間違っていたらすみません。

スモーク/ブルーフレーク

スモークにブルーフレークが入っているカラー。個人的にはこのカラー1本で粘りたいくらい好きなカラー

これ実物で見ると、すごく綺麗です。プレミア感があります。

釣れる釣れないに関係なく、単純に使ってみたいと思えるカラーです。というか「釣れそう」と思ってしまう何かがあります。

スモークで水に溶け込むんですが、ブルーフレークがアピールを若干強めているので、少し濁り気味の時やナイトでも使いたいカラーです。

デス6ジグヘッドスイミング 北湖人気カラー:まとめ

以上、3カラー紹介しましたが、何を今さらと思った方はすみません汗。
これから北湖でジグヘッドスイミングをやってみようと言う方は、見つけたら買っておいて損はないカラーばかりだと思います。
個人的にはどのカラーも釣れそうと思えるカラーなので、限られた時間の中で、信じて投げ続けることのできるモチベーションになってくれています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

デス6のジグヘッドのミドストに適したロッドを模索する② 必要なスペック
デス6のJHSはどんなロッドでやればいいんだろう?デスアダー6インチはそれだけで結構な重量があるワームです。このワームを扱うには、それなりのパワーと繊細なティップが必要になってきます。この記事ではデス6のJHSに必要なスペックを紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました