リバウンドスティック 冨本タケルプロがいつの間にかデプスのプロスタッフになっていた

デプスのリバウンドスティック。初めて見た印象は「これは釣れるワーム」と思いました。

ボトムコンタクトのshinです。

冨本タケルプロがデプスのプロスタッフに

デスアダースティックをより誇張したフォルムは、琵琶湖のデカバスに効きそうです。真ん中のシェイプが良い感じです。

冨本タケルプロがデプスのプロスタッフとして、開発に携わっているとは知りませんでした(笑)。冨本プロの印象はジグとパンチショットのスペシャリストというイメージですが、琵琶湖でも屈指のガイドとして有名です。トーナメントでも常に上位にいる実力者です。

デプスのジグ・ワーム部門の開発に加わるということなので、これからの新製品が楽しみになります。

リバウンドスティックはデスアダースティックのバージョンアップ

ワーム上部は楕円形でワーム下部は三角形になっています。

そしてワームの外側に高比重マテリアルを使用し、ワーム内側はノンソルトで、針もちをよくしているという親切設計。さすがプロガイドといった感じです。

私的には真ん中をシェイプさせたこの形状をよくぞ作ってくれたという思いです。デスアダースティックをよりデフォルメした印象でしょうか。

デスアダースティックは魔法の杖なのか
去年、エビ藻のパッチで見事64cmを仕留めたデスアダースティック。実はシンプルな形状にかなりのポテンシャルを秘めているカリスマ棒だった?!驚異のビッグバス率を誇るデスアダースティックについて考えてみたいとおもいます。...

カナダモのドーム打ちに、ものすごく可能性を感じます。過去記事でも取り上げたデスアダースティックは、私にロクマルを釣らせてくれたワームです。

リバウンドスティックはデスアダースティックの形を、もうちょっとこうして欲しいといったところを、うまくバージョンアップしたワームになっています。

波動力/リバウンドスティック 冨本タケル

ライトテキサス、フリーリグ、パンチショットにベストマッチしそうなリバウンドスティック。早く試してみたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました