【デプス】ブルフラットのスリムタイプ!? ブルスティック(仮称)

ブルスレンダーの発展系?「通称・ブルスティック」開発秘話【デプスニュース10×奥村和正】

※2021年4月現在では、ブルスレンダーとして販売されています。

ブルスティックはスリム版ブルフラット

全国的に釣れている人気ワームのブルフラットがスリムになって、ブルスティックとしてリリースされるかもしれません。

去年ブルフラットの進化形として密かに開発が進められていたブルスレンダーを、新たな方向性で発展させたのが、このブルスティック(仮称)になります。

ブルフラットをスリムにして、厚みとテールを継承した形になっています。

一見、デスアダーにブルフラットのテールをくっつけただけじゃないかと思いますが、上がフラットで下が船底型のフォルムは健在のようです。

ブルフラットの蛇腹テールが受け継がれる

出典 デプス

ブルフラットで一番優れていると思うのはテール部分で、この蛇腹テールがブルフラットをブルフラットたらしめている由縁だと思います。

やはりこの蛇腹テールは非常に優秀で、ワームが倒れ込む時ステイさせている時に威力を発揮します。この蛇腹テールが継承されることは非常に期待値が膨らみます。

ブルフラットのギル型フォルム、スパイラルフォールはノーシンカーorライトシンカー時にバスを惹きつけるのは間違いないですが、最終的にバスが口を使うのはテールの力なんじゃないかと思います。

どんなリグと相性が良さそうか?

出典 デプス

動画では奥村さんはタフった時にジグヘッドでの使用に可能性を感じていると言っています。ジグヘッドでの使用でトライ&エラーしているようです。

確かにジグヘッドとの相性はすごく良さそうですよね。ボトムも良いと思いますが、ミドストではどんな動きになるのか気になります。

あとはライトテキサスとラバージグのトレーラーでの使用は、間違いなくフィットしそうです。

ノーシンカージャークはボディーのリブと蛇腹テールが抵抗となり、ダートはあまり得意ではなさそうです。

私的にはチャターベイトのトレーラーにすごく良さそうだと感じています。

チャターベイトはトレーラーによってアクションが別物になるので、実際に泳がせてみないと何とも言えませんが、ブレードのブリブリ感と蛇腹テールの相性は良さそうに思うのですが・・・。

デプス Bカスタム・チャターは他のブレードベイトとはコンセプトが違う
春に限らずシャローエリアを、パイロットルアー的に巻き倒すのにもってこいのルアーがあります。デプスのBカスタム・チャターです。このBカスタム・チャター。形は一見すると普通のチャターの形に見えますが、他メーカーのブレードベイトとは、そ...

さいごに

最近の琵琶湖は外来魚駆除の影響なのか、藻狩りによるウィードの減少なのか、生態系の変化なのか分からないですが、ブルーギルの数がかなり少なくなってきています

今やギル型ルアー全盛ですが、今後ギルが貴重な魚にならないとは限りません。

ギル型ルアーが釣れなくなることはないでしょうが、琵琶湖ではシャッド型ルアーの出番が多くなってくるかもしれません。

近々このブルスティックがリリースされれば、タイミング的には非常にマッチしそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました