デジーノ スラング “ハングアウト” 6ozまで背負えるソリッドティップを持つビッグベイトロッド

レーベン スラング LS-C72XHRST

HANG OUT

ライン:30LB MAX
ルアーウェイト:1/2oz~6oz MAX
ソリッドティップブランクス

リールシート:DPCS
ガイド:LN~KB 左スパイラル
グリップタイプ:セパレート(コルクorEVA)

デジーノと言えば、レーベンシリーズが有名ですが、スラングシリーズは裏レーベンと言われ、ビッグベイト用に開発されているシリーズになります。

その中でもハングアウトは一番人気があるロッドと言えると思います。人気の秘密はどこにあるのか?どんなロッドなのか見ていきましょう。

MAX6ozとは思えない信じられない軽さ

通常6ozまで背負えるロッドはそれなりに重いものが多いですが、そのイメージでハングアウトを持つと、その軽さにビックリすると思います。実際の重量も他のロッドと比べて、軽いと思うのですが、ロッド自体のバランスが良いので、そのバランスから感じる軽さもあると思います。

「触ったら最後」というキャッチコピーは伊達ではなく、この軽さからくるものが大きいと思います。

ビッグベイトを一日投げるのに、軽いに超したことはないので、この軽さは大きなアドバンテージをもたらしてくれます。

軽い→疲れない→集中力の維持→キャスト回数増える→釣れる確率up!

ビッグベイトロッドにソリッドティップ

ソリッドティップってすぐ折れるんじゃないの!?というのが私のイメージでした。おそらく多くの人がソリッドティップに抱くイメージだと思います。

しかも、ビッグベイトを投げるロッドにソリッドとは・・!?

使っている感想は「大丈夫です」。

クラッシュ9をオーバヘッドでキャストできます。(多用はおすすめしませんが)

ソリッドに定評のあるデジーノブランドですから、簡単に折れてしまうようなロッドを作る訳がないので不安に思う人がいれば、そこは安心してもいいと思います。

タイニークラッシュとクラッシュ9のキャストフィール

2ozクラスのタイニークラッシュは、はじけ飛んでいきます。このハングアウトはロッドが仕事をしてくれるロッドです。しっかりとルアーの重みを受け止めて、しなり、軽い力でロッドの反発力でルアーを遠くに運んでくれます。

正直、リールは何でもいいんじゃないかと思える感覚になります。それくらいロッドが仕事をしてくれていると思えるキャストフィーリングです。

軽い力でキャストしても飛距離が出るので、狙いたいポイントへのアキュラシーが上がります。

4ozクラスのクラッシュ9を付けてロッドを水平にすると、少しティップが曲がります。

クラッシュ9をぶら下げると「あっ、ソリッドなんだな」と思いますw。

タイニーみたいにミノー感覚で投げることはできませんが、ロッドのしなりで、軽い力でキャストできます。6ozまで対応可能なので、ロッドにまだ余裕がある感じです。

リップレスmode-Bのデッドウォークやリップインmode-Aのクランキングに高次元対応してくれます。

軽さ・バランス・パワー・粘りが共存する不思議なブランクス

テーパーはレギュラーからレギュラーファーストと言っていいのか??、ちょっとよく分からないのですが、扱うルアーの重量によって、感じ方が変ってくると思います。

ブランクスのパワーは凄まじいものがあります。強さと粘りがあり、曲げているだけで、パワーが発揮される感じと言えばいいんでしょうか。

ソリッドティップはショートバイトも弾くことなく、バスの口にしっかり食い込んでくれます。

このスラング”ハングアウト”はクラッシュ9を扱うには、とても使いやすいロッドだと思います。私は今のところクラッシュ9専用として使用しています。
 
感度はソリッドなので言うまでもないですが、スラングの軽さがプラスされより高感度になっていると思います。軽さって感度に直結します。
 
ビッグベイト専用と謳っていますが、ロッドのバランスと特性から、ヘビキャロやスイムジグ、その他のリグでも快適に使えるポテンシャルがあるんじゃないかと思います。

最後にちょっと気になる点

あえてあげるとすれば、グリップが長めなので、待ち変える時に身体に当たることがある事と、EVAグリップの素材が固めで濡れると少し滑りやすいことです。もう少しモチっとしててもいいかなと思います。

とは言え、

この軽さバランスパワー粘りが共存している“ハングアウト”。
どうしたら、このようなロッドになるのか私では皆目見当も付きませんが、
 
「良いロッド」なのは間違いないと思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

釣具を売るならどこが一番良いの?使わない釣具を高く売って新しいタックルを手に入れよう!
出典:@maruchiangler釣具をついつい買いすぎてしまい、使用しない釣具がたくさんあるという方も多いのでないでしょうか。使わないタックルは中古釣具の買取サービスでお金に換えて、新しいタックルの資金にするのが一番です。今回は...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました