デス6のジグヘッドのミドストに適したロッドを模索する① バンタム274M

出典 シマノ

封印していたスピニングを復活させたいと思い、ミドスト用のロッドを模索しているのですが、4インチクラスをミドストできるロッドは割とたくさんリリースされていて、分かりやすくなっていますが、私的にはデスアダー6インチのミドストもやりたい・・。

デス6のミドストを視野に入れると、やはりもう少しパワーのあるスピニングロッドが必要になってきます。

デス6のミドストは琵琶湖では一部のアングラーの間では、かなりホットな釣りになっていますが、世間一般にはやはりマニアックな釣り。それ専用のロッドを各メーカーが出しているわけではありません。

それゆえ、ロッド選びは慎重にいきたいところ。安くはないタックルなので、失敗はしたくないもの・・。

しかし、マニアックさ故にレビューは少なめです。

そんなデス6のミドストで私が大いに参考にさせてもらってるのが、ラグビーボールみたいなバスを釣りまくっているBRUTUSのMAKOさんのセッティング。

デス6のジグヘッドのミドストに適したロッドを模索する② 必要なスペック
デス6のJHSはどんなロッドでやればいいんだろう?デスアダー6インチはそれだけで結構な重量があるワームです。このワームを扱うには、それなりのパワーと繊細なティップが必要になってきます。この記事ではデス6のJHSに必要なスペックを紹介します!
ファイナルディメンション274M

出典 BRUTUS

バンタム274M

↑バンタム274M

彼はファイナルディメンション274Mを使用しています。現バンタム274Mの前のモデルです。

バンタム274Mがどんなロッドかというと、

シマノHPより

スレたデカバスを攻略するロングパワーフィネスロッド。

ブランクスはカーボンをベースにグラス素材を若干複合させることで、絶妙な「しなり」を実現。ラインスラックをつくりやすく、オートマチックなシェイク&スイミング操作を可能にしました。不要なダルさやパワーロスは、スパイラルXとハイパワーXにより排除。フルキャストによる大遠投やカバー絡みでの強引なファイトを可能にし、ロクマルを仕留めるための底力をも秘めます。ワームだけではなく、ハードプラグや小型スイムベイトも守備範囲。PE対応のガイドセッティングです。

なるほど、奥田学氏がプロデュースしただけに、琵琶湖のような大規模フィールドでの使用に適したロッドになっています。たしかにデス6のミドストに高次元に対応してくれそうなロッドです。

全長2.24m(2ピース)・102g(自重)・5~18g(適合ルアーウェイト)・4~10lb(適合ラインナイロン)・MAX1.5号(適合ラインPE)・228mm(グリップ長)・R【レギュラー】(テーパー)

グリップは短めでシェイクしやすそうです。そして軽い。PE対応のガイドセッティングも抜け目ない。

ロッドに「しなり」があり、ラインスラックを作りやすく、それでいて不要なダルさがない・・そしてロクマルを仕留めるパワーも併せ持つ。

説明文だけ読んでいると、デス6のミドストをするにはほぼ完璧に思えてきます。

しかし、実際に自分で使ってみなくては、その使用感は分からないものです。かと言って何本ものロッドを投げ比べできないので、どうしても後は想像になってきますw

とは言えこのバンタム274M

デス6のミドスト用ロッドを捜しているアングラーは、候補に入れたいロッドです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

デス6のジグヘッドのミドストに適したロッドを模索する⑨ スタジオコンポジット paradox75m
カスタムカーボンハンドル「StandardPlus」やカスタムロッド「ID」、最近では「TWIN HOOK SYSTEM」と琵琶湖周辺のコアなアングラーに支持されているスタジオコンポジット。長らくテストされてきたスピニング...

デス6のジグヘッドのミドストに適したロッドを模索する⑥ FINAL DIMENSION UNLIMITED 274M
「FINAL DIMENSION UNLIMITED 274M」のインプレです。デス6ジグヘッドスイミングに適したロッドを模索している方はご存知かも知れません。少し前のモデルになりますが今でも支持者の多いモデルです。ぜひ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました