北湖のディープで使いたいヘビキャロ専用ロッド deps SIDEWINDER GP ソレノグリフ

デプスヘビキャロに適したロッドと言えば、スラップショットソレノグリフになりますが、中でもヘビキャロに特化して開発されたソレノグリフはスラップショットではできない繊細なヘビキャロの釣りを可能にしてくれます。

ソレノグリフHGC-76XRF[T]/GP スペック

7.6f  レギュラーファーストテーパー X-Heavy スパイラルガイド テレスコピック
推奨ライン12lb~20lb   適合ウェイト1/2~1・3/4oz

琵琶湖のヘビキャロマスター達によって、開発されたソレノグリフとは一体どんなロッドなのか、私が使用した感想をシェアしたいと思います。購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

キャスト時の使用感

1オンスのヘビキャロシンカーを軽々と遠投できるパワーがあります。まだまだ余裕がある感じです。とは言えソレノグリフはガチガチのロッドではありません

ティップが入るタイプのロッドになっています。ですのでシンカーの重みを感じながらキャストできます。

キャスト時は1オンスのシンカーだと適度に曲がり、ロッドの反発を活かして投げることができるので、とても気持ちよく遠投できます。

ただスパイラルガイドが飛距離に影響しているのかは、私には実際よく分かりませんw。

ワームにもよりますが、1オンスのシンカーが一番しっくりくるロッドだと思います。

バットのパワーは強靱で、例えば北湖のでっぷりバスが来ても安心の強さがあります。

2~7番ガイドが超小径ガイドになっているので、振り抜け感は抜群です。

ズル引き時の使用感

ボトムの感知能力は必要十分な感度があります。キンキンガチガチのロッドではないので、もっと感度が欲しいという方には、少し物足りないかもしれません。

とは言え、計12個ものガイドセッティングとスパイラルガイドが感度アップに一役買っているのは間違いないと思います。

ソレノグリフはティップが入ってくれるロッドです。

私のイメージで申し訳ないですが、バレットショットと近い感覚があります。

ソレノでの1ozシンカーの使用感と、バレットでの1/4ozシンカー+ビッグワームの使用感はよく似ている感覚と言えばいいでしょうか。

ティップが入ってくれるので、移動距離を抑えたズル引きや、ウィード切るのではなく、ほぐして近くに落とすようなアクションが非常にやりやすいです。

逆にパンパンとウィードを切っていくロッドアクションにはあまり向いていません。

最も適したシチュエーション

ソレノグリフの特徴を加味すると、ソレノが最も活きるシチュエーションはウィードがあまり濃過ぎないエリアが一番気持ちよく釣りができると思います。

ウィードの濃いエリアでも釣りができないわけではないですが、北湖のヘビキャロマスター達によって開発されたソレノグリフは9m~12mのブレイクが絡むディープレンジでの釣りをメインに考えられています。

例えば南湖のハイシーズンのウィードジャングルになったエリアでは、ウィードを拾い過ぎてしまい、少々使いづらいかもしれません。

比較的ウィードの少ないエリアで、点在するウィードハンプを一本一本乗り越えていくようなイメージの、繊細なヘビキャロでビックバスにアプローチする。そんな攻め方に満額回答してくれるのがソレノグリフというロッドと言えると思います。

ヘビキャロ専用と謳っていますが、テキサス・ジグは言うまでも無く高次元対応。スイミングジグ・スピナーベイト・中型ビッグベイトにも対応してくれるので、ヘビキャロ以外の釣りもソレノグリフが一本あれば、おかっぱりの強い味方になってくれます。

1oz以上のヘビキャロ専用ロッドと呼びたい deps スラップショット
サイドワインダー「スラップショット」。ヘビー級ルアーに対して汎用性の高いロッドです。レキュラーファーストのテーパーはキャストしやすく感度にも優れファーストムービング系からボトム系の釣りまでカバーします。この特性がヘビキャロにもマッチします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました