【デプス】サカマタシャッドに高比重モデルが登場 ジャーク&トゥイッチが南湖全域で射程圏内に

出典 ルアーニュース

ノーシンカージャークで圧倒的な釣果を叩き出しているサカマタシャッドに、高比重タイプが登場します。

従来のノーマルタイプと違う所

出典 デプス ノーマルタイプ

従来のノーマルタイプのサカマタはボディ全体にソルトが入っていましたが、高比重タイプは下半分だけにソルトが入っています

上半分はノンソルトなので、針モチに問題はなさそうです。

高比重タイプはソルト含有率は6inchで75%8inchで65%に設定されています。5インチはラインナップから外れています

ノーマルタイプと高比重タイプ 使いどころの違い

出典 Deskgram

ノーマルタイプは表層付近をノーシンカーでのジャークやトゥイッチが主な使い方でした。ウィードと水面の間を通して、ジャークでバスに気づかせてフォールで食わせるといった感じです。

またネイルシンカーを入れてのボトム付近をジャークで釣るという釣り方もありましたが、これには欠点があり、ネイルシンカーの重さや刺す位置によって動きが全く変ってしまい、思い通りのアクションが出すのが難しいというものでした。

そんな欠点を補うべく、ハマるととんでもない釣果を出せるボトムでのジャークの釣りに向けて開発されたのが、高比重タイプとなります。

下半分にソルトを入れて高比重化することにより、安定したフォール姿勢とアクションが可能になり、ネイルシンカー挿入時の欠点を克服しています。

サカマタシャッドで表層からボトム4mが射程圏内に

高比重タイプの登場で、サカマタシャッドのジャーク&トゥイッチの釣りが表層からボトム4mくらいのウィードまで射程圏内が広がります。

表層付近はノーマルタイプ。水深3~4mは高比重タイプでカバーできます。

例えば、ボートでの釣りでカナダモドームの中をパンチショットなどで狙うも反応がないとき、ドームの外に出ているバスを狙うシチュエーションに丁度良いかなと思います。

今まで反応しなかったデカイのが反応してくるかもしれません。

適度にカナダモにスタックさせながら、軽くトゥイッチして行くようなイメージですごく使いやすそうです。普通のノーシンカーよりもスピーディーに、効率よくサーチできるかなと思います。

高比重タイプの登場で、ノーマルタイプの出番がなくなるかと言われるたら、決してそうではなく、ノーマルタイプはシャローでは無くてはならない存在です。ただ高比重タイプと使い分けることによって、およそ南湖の全域をカバーできるのがすごく良いですよね。
ノーマルタイプのサカマタシャッドは、すぐに売り切れとなり入手困難な状況ですが、この高比重タイプも間違いなく入手困難なワームになりそうです。店頭で見つけたら、買っておいた方が良さそうですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました