冬~春に効くデッドスローに特化したビッグベイト4選

DRT タイニークラッシュ

出典 バックラッシュ楽天市場

DRTのタイニークラッシュ。

脱着可能なリップとテール、ウェイトチューンにより、変幻自在のアクションが出せる琵琶湖発の人気ビッグベイト。

自分の好きなアクションにセッティングでき、自身オリジナルのチューンが可能。

おすすめのセッティングは冬~春に実績のある「ヨタ巻きセッティング」

オプションパーツのショートリップVテールを装着して、ハイギアリールで1回転3秒~5秒でスローリトリーブすれば、デスアダーのミドストの様なI字形ロールアクションがランダムに発生します。

ビッグバスの実績が高く、クリアウォーターの北湖と相性がいいセッティング。

PHAT LAB ネコソギDSR

出典 ファットラボ

ファットラボのネコソギDSR。

こちらも琵琶湖のロコアングラーから人気に火がついたスローフローティングビッグベイト。

大きなリップは障害物回避性能が高く感度もいいので、デッドスローの釣りでは、ほぼロストは避けられます。ボトムに当てながら引いてきたり、ウィードにコンタクトさせて浮かせたり、何かに当てながらリトリーブする釣りに向いています。

もちろん、中層を一定に泳がすことも可能です。

ウェイトを調節してサスペンドにしたり、スローシンキングにしたりして、ハンドル1回転3秒~15秒とリトリーブスピードの幅が広くできるのも特徴。

おすすめアクションはネコソギが動くか動かないかギリギリのスピードでリトリーブし、時折ヨタるI字形+ウォブリング。

BeveL アニマDS

出典 ベベル

BeveLのアニマDS。

2019年にリリースされたアニマの新作。従来のアニマよりもリップを大きくしスタック回避性能を高め、ボディーもフルサイズにアップ。

このアニマもコンセプトはネコソギと同じで、中層からボトムを超低速で巻いてくるのに特化したビッグベイトです。

出典 りんかブログ

りんかさんがデッカいの釣っています。この写真をみると、ジョイント部の可動域はかなり広そうなので、タイニークラッシュとよく似ています。

ちなみにネコソギはジョイントの幅は狭く、可動域は抑えられていて、飛距離と動きの連動性、水抜けの良さが考慮されています。

SIGNAL ブラックデュラゴン デッドスローモデル

出典 シグナル

シグナルのブラックデュラゴン デッドスローモデル。

デカバス仕分け人 ロボ奥田こと奥田学氏が生み出したデッドスロービッグベイトです。

ブラックデュラゴンにはサブサーフェスモデル・オリジナル・デッドスローモデルと3種類あります。デッドスローモデルは限定でリリースされたモデルです。

奥田氏曰く、「世界で一番スローに一定層が引けるビッグベイト」と言うくらいの完成度を誇るルアーです。

おそらくデッドスローに特化したビッグベイトの先駆け的存在がブラックデュラゴンのデッドスローモデルになるかと思います。

今ではブラックデュラゴンライト デッドスローが新しくリリースされています。

低水温期はもちろん、タフった状況の多い春に、まだまだ出番があるデッドスロー特化型ビッグベイト。ひとつの武器として、自身の引き出しとしてトライしてみてはいかかでしょうかw。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ビッグベイトをロストする危険な行為3つ
一個5000円はするビッグベイト。最初は大事に使っていても、だんだん慣れてくると慎重さを欠いてロストしてしまった。という経験は誰しも一度や二度はあるはず。かくいう私は1ヶ月で3個ビッグベイトをロストした経験があります涙振り...

コメント

タイトルとURLをコピーしました