ブルフラットが釣れる理由

今やデスアダーを超えたかもしれないと言われるデプスのブルフラット。トーナメントでもウイニングルアーになるなど、デカバスを引き寄せる秘密はどこにあるのでしょうか。

ボトムコンタクトのshinです。

全国のフィールドで釣れるブルフラット

文字通りブルーギルをイミテートしたシルエットのブルフラット。ブルーギルを補食しているブラックバスに効果的なのは、言うまでもありません。

琵琶湖でも数多くのビッグバスがキャッチされています。まさにマッチ・ザ・ベイトと言えるワームです。

しかし、このブルフラットで興味深いのは、ブルーギルが居ないフィールドでも釣れるということです。全国各地のフィールドで爆発的な釣果をあげていたのは記憶に新しい方もおられると思います。

扁平ボディのシルエットに近いベイトといえば、ブルーギルの他にフナくらいでしょうか。あとは細長いシルエットのベイトが多いと思います。

ブルーギルがメインベイトではないフィールドでブルフラットが釣れるということは、ブルフラット自体が醸し出すアクションが、ブラックバスに効くということになります。

ではブルフラットが釣れる要因は何なのか?

まず考えられるのは、ライトテキサスでのスパイラルフォールが挙げられます。デスアダーなど既存のワームでは出せないアクションです。

生きているブルーギルがスパイラルフォールしているとは思えませんが、バスの興味を引くの確かです。

しかし、それだけではここまで釣れるワームにはなっていないと思います。

私的にはブルフラットの最大のキモは蛇腹テールだと思います。実際に使ってみるとよく分かるのですが、非常によく動きます。

ノーシンカーでのトゥイッチでも、テキサスでの着底時でも、折れ曲がり自発的に戻るというアクションが頻繁に発生します。蛇腹テールによる、ワーム自体が自然に動くというこのアクションこそ、ブルフラット最大のポイントだと思うのです。

シルエット、スパイラルフォールでバスを引き寄せる→蛇腹テールの自発アクションでバイトまで持ち込む。という図式がブルフラットが釣れる要因ではないかと思います。

こう考えると、デスアダーでは出せないアクションが詰まったブルフラットが、デスアダーを超えたというのはあながち間違いではないかもしれません。
デスアダーが出た当初は、有りそうでなかったシルエットに心が震えたのを覚えていますが、またこうしてそれを超えるようなワームをリリースするデプスの開発力には本当に脱帽してしまいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました