カエス ”トランキル” デッドスローに引けるソフトブレードを持つ弱波動チャターベイト

カエスのトンランキル。私的大発見。こんなチャターが欲しかったのです。

春や秋、巻物で釣れる季節に出番が多くなるチャターベイト。

これまでいろいろな種類のモデルがリリースされていますが、ありそうでなかったチャターが遂にリリースされていました汗

従来のチャターといえば、金属のブレードでアクションも「ブルブルっ」と強めで、ハイアピールなものが多かったですが、このカエスのトランキルはビニール製のブレードを備えていて、アピールも弱めです。

ソフトブレード

ビニール素材の柔らかなブレードは、より生物的な波動を出してくれます。柔らかいといっても、グニャグニャではなく、絶妙な堅さに設定されています。

スイムジグではアピールが弱すぎる、チャターではアピールが強過ぎるみたいな状況の時って、割とあると思います。その間を埋めるような立ち位置なのが、トランキルになると思います。

どちらかと言うと、シャッドテールを付けたスイムジグよりのアピールになります。

引き感

トランキルの引き感ですが、ブレードのバイブレーションは極めて弱く設定されています。

メーカーはハイギアリール+テキサスで使うようなファーストテーバーの感度の良いロッドを推奨しています。

ハイギアの方が巻いている時の感度が高いので、バイブレーションが分かりやすいと思います。でもノーマルでも問題ないとは思います。

巻物は基本ノーマルギアの方が良いと考えているで、巻物であるチャターも、私的にはノーマルでやりたい派です。

トランキルはリトリーブすると下に潜ろうとする力が加わるので、レンジキープは少しやりづらいです。特に陸っぱりではウェイトは軽めの方が使いやすいと思います。

基本的な使い方はデッドスロー

トランキルの使い方は、基本デッドスローリトリーブになります。デッドスローに引けるチャターってところが、トランキルの良いところです。

下に潜ろうとするチャターなので、デッドスローリトリーブと相性が良くなっています。

ブレードが動くギリギリのスピードでリトリーブするのが、トランキルの一番釣れるアクションになります。

私のイメージはトレーラーにデスアダー6インチを付けたとして、スピニングでデス6をミドストしてロールアクションを出す演出を、ベイトタックルで演出するイメージです。

ハイピッチなロールとウォブルが入るアクションになりますが、デッドスローに引くことで、よりナチュラルな波動で演出できるのが、トランキル最大の特徴だと考えています。

ワームキーパーも上下に付いていてホールド感も良い感じです。

デス6のハイピッチなミドストを何とかベイトタックルで演出できないものかと、悩んでいて、自分で作りたいと思っていた程なので、このトランキルを発見した時は「求めていたのはこれだ!」と思った次第です。

なんか良さそうじゃないですか!?w

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました