ミドストワームのおすすめ20選|実績抜群のミドストワームを厳選ピックアップ!

中層をナチュラルに攻めることができるミドストは、年々ハイプレッシャー化しているフィールドにおいて欠かすことができないテクニック。特に3〜4インチクラスのワームでのミドストは、全国のあらゆるフィールドで活躍してくれます。

そこで今回は、ミドストにおすすめの3〜4インチクラスのワームをご紹介。人気と実績のあるワームを厳選していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ミドストワームの選び方

◾テールの形状

ミドストワームのテールの形状は大きく分けると「ピンテール」と「シャッドテール」の2タイプあります。

・ピンテール

ピンテールは、ミドストでもっとも使用される形状。本物のベイトフィッシュのようなナチュラルなアクションが魅力です。

・シャッドテール

シャッドテールもミドストでは実績のある形状です。やや小ぶりなシャッドテールが搭載されており、ピンテールよりも波動を強くしたい時におすすめ

◾サイズ

ミドストで使用されるワームのサイズは、3〜4インチ前後が一般的です。フィールドのベイトのサイズに合わせるのがポイント。

ベイトのサイズが大きい琵琶湖では、5〜6インチのワームを使用したミドストも流行っています。

◾カラー

ミドストは食わせ要素が強い釣りなので、ナチュラル系のカラーがおすすめ。

アユ、ワカサギ、モロコなどのベイトフィッシュが確認できるエリアでは、バスが捕食しているであろうベイトフィッシュに近いカラーを選ぶようにしましょう。

ミドストワームのおすすめ

デプス デスアダー 4インチ

出典:Amazon

ピンテールワームの定番デスアダー。水流を身にまとうボディのリブと艶かしく動くピンテールが特徴。カラー展開が豊富なので、フィールドや天候に合わせたカラーチョイスができるのも魅力です。

デプス サカマタシャッド 4インチ(ノーマルウェイト)

出典:deps

テールが二股に分かれ、リブのないツルンとしたマテリアルが特徴のサカマタシャッド。ジャークでの使用が一般的ですがミドストでの実績も高く、独特の形状はまさにベイトフィッシュそのもの。琵琶湖アングラーの使用率が高いワームの一つです。

ゲーリーヤマモト シャッドシェイプワーム 3インチ

出典:ティムコ

ゲーリーマテリアルでミドストワームを探している方におすすめなのが「シャッドシェイプワーム」です。ロールとピンテールの震えで誘うミドストは威力抜群。

ゲーリー特有のソルトマテリアルは、飛距離+理想のローリングアクションを実現しています。

DSTYLE ヴィローラ 4インチ

出典:Amazon

リアル系ワームの代表格になったヴィローラ。リリース当初はそれほどでもありませんでしたが、ミドストでのポテンシャルが周知され注目度がMAXに。琵琶湖ではまたたく間に入手困難になるほどの人気ワームとなっています。

モチモチマテリアルで針持ちが良く、薄刺しも◎。中空ボディでフォールスピードが遅いのも特徴です。

フィッシュアロー フラッシュJ 3インチ

出典:Amazon

ワーム内部にアルミホイルインサートが施されており、本物のベイトフィッシュのようなフラッシングと背骨がしなるパキパキサウンドが特徴のリアル系ワームです。

フラッシュJシリーズはカラーやサイズ展開が豊富で、ピンテールだけでなくシャッドテールなど数多くのモデルがラインナップされています。

シグナル マルチシャッド 4インチ

出典:楽天

ロボ奥田こと奥田学氏が満を持して送り出すスーパーリアルベイトフィッシュ系ワーム「マルチシャッド」。

高浮力エラストマーボディ採用で、ミドストだけでなくホバストやI字引きとの相性もバッチリです。背ビレと臀ビレをカットして使用するとロールしやすくなるのでおすすめ。

メガバス ハゼドンシャッド 3インチ

出典:メガバス

超薄肉設計のシャッドテール採用で、シェイク時にロールが入りやすい「ハゼドンシャッド」。

よりロールアクションを強めたいなら薄刺しして、さらに少しボディが反るくらいにセットするとGOOD。ピンテール系ワームよりも波動を少し強くしたいときにおすすめです。

レイドジャパン フィッシュローラー 4インチ

出典:RAIDJAPAN

ヘッドに平らな面を設け、適度な引き抵抗で使用感を高めた「フィッシュローラー」。ノー感じになりがちなミドストやホバストでも使いやすくなっています。

また3インチモデルはタイトなロールアクション、4インチモデルは激しいロールアクションが出るように設計されており、状況に合わせて使い分けできるのもポイントです。

O.S.P ドライブスティック 3.5インチ

出典:OSP

ミドストはもちろん様々な使い方に対応し、アングラーから多くの支持を集めている「ドライブスティック」。

ややボリューミーなボディはキャスタビリティーに優れており、水の抵抗を受けやすくレンジキープしやすいので、ミドスト初心者にもおすすめです。

ゲットネット ジャスターフィッシュ 3.5インチ

出典;ゲットネット

あらゆるレンジに対応することをコンセプトに開発された「ジャスターフィッシュ」。2つのエアホール内蔵で水中で水平姿勢をキープします。

小魚感満点のフィッシュテールは絶妙な薄さと長さで、ロールアクションにともない左右に倒れ込み、ナチュラルにバスにアピールしてくれます。

ジークラック リバイバルシャッド 4インチ

出典:ジークラック

スーパク(I字引き)で人気に火がついた「リバイバルシャッド」ですが、ミドストにも高次元に対応してくれるピンテールワームです。

ミドストではわずかにボディをロールさせながら、本物のベイトフィッシュのようなナチュラルな泳ぎを再現することができます。

一誠 カタクチワーム ヤバクネ 4.5インチ

出典:一誠

ヤバいほどクネクネするアクションが特徴の「カタクチワーム ヤバクネ」。ミドストで使用するとロールアクションに加えて、強すぎず弱すぎないナチュラルなクネリアクションも加わります。

1.5g以上のジグヘッドと相性が良く、レスポンスを上げるために「ヒレカットチューン」するのもおすすめです。

ジャッカル RVドリフトフライ 3.0

出典:JACKALL

ヘッド部分にリップが搭載されたリアル小魚系ワーム「RVドリフトフライ」。このリップにより、簡単にロールさせたりレンジキープしやすくなっているのが最大の特徴です。

少ない移動距離でより多くロールさせることができるため、中層のバスを攻めるのに非常に効果的なワームとなっています。

ジャッカル ドリフトフライ 4.0

出典:JACKALL

RVドリフトフライ 3.0の1インチサイズアップバージョンとして登場した「ドリフトフライ4.0」。大きく異なる点は、ツイストテールが採用されているところ。

ネジレから生まれる強すぎない波動が特徴で、尾びれをカットして普通のピンテールとして使用することもできます。また、ボディは2層構造になっておりリアルな質感とカラーリングも魅力です。

ケイテック シャッドインパクト 4インチ

出典:ケイテック

タイトでキレのあるローリングアクションが特徴の「シャッドインパクト」。ケイテック独自開発の精密2色成型による明滅効果との相乗効果でリアルなベイトフィッシュを演出してくれます。

中層だけでなくボトムでの細かいシェイクでもロールし、リニアなレスポンスが魅力です。

ハイドアップ スタッガースティック 4インチ

出典:ハイドアップ

横扁平な形状で、本来はソフトジャークベイトとしての色が強いワームですが、ジグヘッドを縦刺しすることでミドストにも対応してくれます。

やや控えめなロールアクションなので、ナチュラルに誘いたいときに◎。クリアウォーターやスレたフィールドにもおすすめです。

バークレー ホローベリーフィンテール 3インチ

出典:Berkley

わずかな動きにも反応するボールテール採用のリアル系ワーム「ホローベリーフィンテール」。テールに搭載された小さなポールが水流を受け艶めかしい動きを演出します。

ボディ内部にはエアルールが設けられ浮力は高め。ホバストやI字引き、表層ピクピクなど最新のライトリグテクニックに全対応できるワームです。

アトリエループ ケムリ 4インチ

出典:アトリエループ

琵琶湖周辺で熱狂的なファンを持つアトリエループの「ケムリ」。丸みを帯びたフォルムとボディ全体に設けられたリブ、リアル小魚のようなテールが特徴です。

サイズは4インチと5インチがラインナップされており、ミドストをはじめi字引きやホバストなどにも対応してくれます。

カニエのポパイ ONLINESTORE

デプス フリルドシャッド

出典:デプス

頭部上の扇状のリップにより、ただ巻きだけで簡単にロールアクションが可能な「フリルドシャッド」。リップが水を受けることで、身震いしながら明滅効果の高いロールアクションでナチュラルにバスにアピールします。

手軽にミドストしたい方や、ラインスラックがコントロールしにくい風が強い日にもおすすめです。

ZBC タイニーフルーク

出典:Amazon

コスパに優れるミドストワームと言えば、この「タイニーフルーク」。ロールアクションしやすいワームではありませんが、タイニーフルークでローリングさせる術を習得できれば、近年のロールしやすいミドストワームならすぐに使いこなすことができるでしょう。ロストを恐れなくていいので、練習や初場所でのサーチ用としてもおすすめです。

ジグヘッドは薄刺しがおすすめ

出典:@atelierloop.jp_official

ロールアクションを最大限に発生させるコツとして、ジグヘッドをワームの上側(背中側)に刺すとロールさせやすくなります。

ジグヘッドを上側に薄刺しすることで、リグの重心が高くなり左右への倒れ込みが起きやすくなります。これにより、より簡単にロールアクションが発生し、明滅効果のアピール力もアップするのでおすすめです。

ミドストをマスターしよう!

出典:楽天

ハイプレッシャー化するフィールドにおいて、欠かすことができないテクニックになっているミドスト。攻略が難しい中層を効率よく攻めるには、ぜひとも身につけておきたいテクニックのひとつです。まずは、お気に入りのミドストワームを使い込んで、ミドストの感覚をつかんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました