チビアダー+RRジグ 魚を触りたい時の絶対的禁断リグ

「これで釣れなかったら、このエリアに魚はいない!」と言えるような、絶対的リグが誰でも一つはあると思います。

私はというと、あまりにもコンスタントに(ちびバスばっかり)釣れるので、やめられなくなり、結局こればっかりになってしまい、逆に何年もスーパーなビッグは獲れないでいました。ですので、今は封印している禁断のリグがあります。

ボトムコンタクトのshinです。

禁断のdeps R.R.JIG HEAD

このリグをボートに積んでしまうと、こればっかりやってしまうので、ボートに積まないようにしていました。その甲斐あってかベイトオンリーで、昨年は少ない釣行の中でも、ロクマルを2本も釣ることが出来ました。

デプスのR.R.JIG HEADチビアダーかゲーリーのシャッドシェイプ4インチです。

スピニングにラインは6lb。これをボトムまで沈めて、ウィードに絡めながら、いろいろなアクションを試して探っていきます。釣れなかったら、ミドストに切り替えて広範囲をサーチします。魚がいれば、何らかの反応があると信じています(笑)

これで反応がなかったら、エリアを見切る基準にできるので、これはこれで必要なリグなのかもしれません。

ミドストの釣りを覚えることができたのも、このリグのお陰なので、とても思い入れのあるリグなのですが、これをやりだすと、やめられなくなる麻薬性があるので、私的にはとても怖いリグでもあるのです。

スピニングなどのライトリグでは、ロクマル級のバスを掛けてもバラす確率の方が高いので、あんまり使用したくないんですが、春先のセレクティブなバスには、ライトリグしか反応しないという状況が、必ずあるんですよね。

少ない釣行の中、そんな日にあたると、手の打ちようがなくなるので、今年はスピニングも積んでみようかと真剣に悩んでいます。結局、自分との戦いなんですが・・・。。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました