冬だけと言わず通年使いたい デプス サーキットバイブ

ボトムコンタクトのshinです。冬の定番と言えばメタルバイブですが、デプスのサーキットバイブも冬の釣りでは外せないルアーのひとつです。サーキットバイブがどんなルアーなのか紹介したいと思います。

極薄素材サーキットボードの恩恵

サーキットバイブの特徴としては、サーキットボードという素材が使われていて、0.8mmの極薄に仕上げられています。この薄さのお陰で超ハイピッチ&超ハイレスポンスを実現しています。

そしてサーキットボードの軽さの恩恵で、重心を下に置くことが可能となり、低重心による抜群のレスポンスと遠投アキュラシー、安定した飛行姿勢とフォール姿勢を実現しています。

リフト&フォールを主体とするメタルバイブの釣りにおいて、フォール姿勢の安定はフックに糸がからむといった無駄なストレスから解放してくれます。

サーキットバイブの使い方は小刻みリフト&フォール

(出典 デプスHP)

サーキットバイブの使い方としては、遠投して、ボトムをとり、リフト&フォールが基本になります。超ハイピッチ&超ハイレスポンスを生かして、比較的小刻みにリフト&フォールさせるのが主流の使い方です。

その日の反応でリフトの高さや間隔を試していけばいいので、刻む間隔はそこまでこだわる必要もないと思います。

(出典 デプスHP)

リフト&フォールで使うなら、後方のラインアイにスナップを通した方が、より浮き上がり易くなるので、より小刻みにリフト&フォールさせらます。また動きがワイドになるのでアピールしたいときは後方アイがいいと思います。(注:写真は前方アイ使用なので、リトリーブ向き。動きはタイトアクション。)

魚がバイトしてくるタイミング

リフト&フォールでバスがバイトしてくるタイミングは、ほとんどがフォール中か着底した時なので、リフトで気づかせてフォールで食わすイメージです。

メタルバイブの利点としては2つあると思っていて、1つ目は圧倒的な飛距離が出せる事と2つ目は明滅効果で一瞬バスにルアーを見失わせることができることです。

おかっぱりでは言うまでもなく、飛距離は重要な要素なので割愛しますが、2つ目の明滅効果も結構重要な要素だと思います。

バスからすると見つけたエサが消えると、「あれっ」てなって焦ると思います。そして再び現れると「見つけた、もう逃さん!」となって口を使ってしまうというパターンではないかと推測してます。

メタルバイブは小さくて薄いので、バイブレーションしていないフォール中と着底した時はほとんどバスの視界から消えている状態だと思います。そしてリフトで再びブルブルとアピールして気づかせてバイトさせる。

こんなイメージでなのではないかと、勝手に思っています。こう考えると冬じゃなくても、通年使えるルアーなので、タックルボックスにひとつは常備しておいてもいいかもしれません。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました