デスアダースティックは魔法の杖なのか

去年、エビ藻のパッチで見事64cmを仕留めたデスアダースティック

実はシンプルな形状にかなりのポテンシャルを秘めているカリスマ棒だった?!

驚異のビッグバス率を誇るデスアダースティックについて考えてみたいとおもいます。

ボトムコンタクトのshinです。

2大アクションの演出

ペグ止めなしライトテキサスで使用していたのですが、軽めのシンカーを使うことにこのワームのポテンシャルを発揮させる鍵があるような気がします。

まず後方重心の為、大きめのフックを付けてノーシンカーで使用すると、頭落ちにならずに、水平フォールで落ちていきます。そして3.5gくらいの軽めのバレットシンカーでのライトテキサスではスパイラルフォールで落ちていきます。

この水平フォールスパイラルフォール。どちらもバスが好むアクションなんです。

ペグ止めなしのライトテキサスでフリーフォールさせると、最初はスパイラルフォールし、シンカー着底後に水平フォールになるんです。

この2大アクションが演出できるワームってなかなかないと思います。

デカバスだけが好反応?! デスアダージャンボカーリー
depsのデスアダージャンボカーリー。私に初のロクマルを連れてきてくれたワームですが、実は全くバイトが出ないワームだった!?ボトムコンタクトのshinです。バイトがないことはいいこと?!6月の琵琶湖...

試してみたいドーム打ち

そんなライトテキサスオンリーで使用しているデスアダースティックですが、試してみたいことがあります!それはヘビーテキサスです。そんなの前からやってるよ!という方もいると思いますが(笑)

まず、その形状からカナダモドームはなんなくすり抜けると思います。

そして着底なんですが、デスアダースティックってワームの真ん中が少しシェイプしてるんですよね。私が興味があるのはこの部分で、スピードの速いフォールからの着底の衝撃で、真ん中から折れ曲がるアクションが出せると思うんです。

このアクションってドームの中のバスはあんまり見たことないような気がします。

スティック型のシンカーで軽めのウェイトでもすり抜けていくパンチショットが主流のカナダモドーム打ちですが、シンカーとワームが密着したヘビーテキサスデスアダースティック高速で落とし、折れ曲がるアクションで誘っていくパンチングのドーム打ちにちょっとした可能性を感じています。

ロクヨン!やり切ることで見えてくるもの
ひとつのリグをやり切ったら、どうなるのか?スピニングを封印し、テキサスしかしないと決めて、それを押し通す。諦めずに信じて投げ倒すのが、こんなに辛いものだとは。違うリグに浮気したい気持ちを抑えつつ、キャストし続けたその先に見えた景色とは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました