”タイニークラッシュ・クラッシュ9” ヨコヨコのコツ 言語化してみた

タイニークラッシュとクラッシュ9のリップレス+モードB。水中でドッグウォークさせる技で、デッドウォークと呼ばれるテクニックで使われる事の多いセッティングです。

そしてデッドウォークを派生させたテクニックで、ヨコヨコというDRTクルーがよく使っている技があります。

ヨコヨコとは

例えば、左に壁がある場合、ヨコヨコで左左すれば壁に沿ってトレースすることができ、これを左右で駆使すれば、障害物を回避したり、逆に障害物に当てに行くことが可能になります。

普通にデッドウォークさせるよりも、意図したコースをトレースしやすくなり、ジグザクにルアーを引いてこれるようになります。

しかも、かなり幅の広いジグザクが可能になるので、あえて食わせたいポイントから離れた所にキャストして、警戒心を抱かせずに食わせたいポイントをトレースする事もできます。

近めの対岸なら平行にトレースする事も可能です。

また、ヨコヨコはベイトが逃げる時のようなスピードも出せるので、バイトの確率があがります。このヨコヨコはタイニークラッシュ・クラッシュ9を使うなら、ぜひともマスターしたい技です。

KLASH9 TiNYKLASH ヨコヨコテクニック "OneSideGlide"

ヨコヨコのやり方 敢えて言語化

ヨコヨコは言葉で説明するのが難しいのですが、敢えて言語化してみたいと思いますw

※私のやり方なので、参考程度に考えてください。

①まず、ルアーの頭を曲げたい方向に向ける(左左なら頭を左に向ける)

②そして、先にロッドでジャークを入れはじめ、ワンテンポ(0.2秒くらいか!?)ずらしてリーリングを入れる

これを繰り返す。

簡単に言うとこの2ステップです。

リーリングだけでも出来ることは出来ますが、リズムが掴みづらいと思います。またスピードとスライド幅を出したい場合はジャークがキモになってきます。

ロッドのジャークとリーリングはほぼ同時ですが、始動の順番で言うと、ロッドのジャーク→リーリングとなります。

ジャークの幅とリーリングの巻取り幅で、スライド幅を調整できます。ジャークとリーリングの割合はシックリくるやり方で良いと思います。

慣れてくると、自由自在にルアーを動かす事ができるようになり、スピードも出せるようになります。リールはハイギアの方が、やりやすいと思います。

まとめ:”タイニークラッシュ・クラッシュ9” ヨコヨコのコツ 言語化してみた

動画を観てもらった方が、圧倒的に分かりやすいですが、活字で書いているものがなかったので、今回は敢えて言語化してみました。まずは普通のデッドウォークから入って、慣れてきてからヨコヨコの練習をしてみるといいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました