テキサスリグのフッキング

テキサスでのフッキングについては、巷ではいろいろな情報が溢れています。

はたして、テキサスのフッキングに正解はあるのでしょうか。

ボトムコンタクトのshinです。

大きくスイープにアワせる

アタリがある→聞くロッドの先端をルアーがある方向に倒しながらラインスラックをとる大きく力強くスイープアワせる

スイープ(sweep)・・・掃除する、掃く、払う、掃きのけるという意味なのですが、わかりにくいですね(笑)要するに大きくアワせるということです。

私はフッキングは全て、これでいいと思っています。

長めのワームを使っている時によく言われるのが、アタリがあったら、クラッチを切ってラインを出して、十分に送り込んでからフッキングすべし・・・。

みたいなことが言われるのですが、私的には全く必要のない動作だと思っています。

これをやる理由は、スッポ抜けるのが原因だと思います。

すっぽ抜ける原因は、おそらくアタリがあってから、聞く動作をせずに、即アワせているのが原因だと思います。

聞く動作を入れれば、バスがワームを完全に口の中に入れ、口を完全に閉じているのか、ワームの先の方を甘噛みしている段階なのかが分かるはずなんです。

スッポ抜けるのは、まだ甘噛みしている段階で、アワせてしまうからです。

この感覚は何度も経験すれば、誰でも分かると思います。

確実なやり方としては、聞きながら、バスがルアーをもっていくまで待ってから、フッキングすればいいだけです。

クラッチを切って、ラインを出してみたいな動作は今まで経験したことはないです。やらなくていいと思います。

あと、電撃アワせとかもしなくていいです。あれは・・・正直よく分からないです。

超絶エキスパートの超高等テクニックの領域なのかもしれません。

我々のような非エキスパートアングラーは、バスがもっていってからスイープにアワせていれば大丈夫です。

ライトテキサスでバイトを増やす為に、心がけていること
テキサスでボトムコンタクトしボトムを感じながらズル引きするだけで、幸せを感じてしまうほどテキサスが好きな私ですが、特に春、テキサスでバイトを増やすために心がけていることがあります。ボトムコンタクトのshinです。ラインのテ...

デカバスのアタリは小さく鋭い

バスの捕食の仕方は、吸引型捕食です。ワームの周りの水ごと吸い込みます。

ブルーギルのように、ツンツンとカジりません。

いわゆるバキュームバイトですね。

デカいバスほど、一気に吸い込むので擬音で言うと「トゥンッ」とか「コンッ」という表現になってしまいます。

よくデコピンバイトと言われますが、ラインにデコピンされたようなアタリ方です。

このアタリがあってから、聞く動作を入れて、アワせるまでのドキドキ感がたまらないんですね(笑)

そして、スイープに力強くアワせをくれても、動かない重量感があれば、「デカい!」となります。

デカいバスほど、大きくスイープにアワせた方が、確実にフックが顎を捉えてくれます。

想像したら、琵琶湖に行きたくなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

テキサスロッドの最高傑作 deps SIDEWINDER バレットショット
いよいよウィードが伸び始め、ウィードの攻略がカギとなる琵琶湖のバス釣り。おのずとテキサスの出番が多くなる思いますが、みなさんはテキサスにはどんなロッドを使用しているでしょうか。ボトムにコンタクトして、ズル引きしているだけで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました