シマノ バンタムMGL 使えば使うほど好きになってくるリール

シマノ バンタムMGL。

  • ギア比:7.1
  • 最大ドラグ力(kg):5.0
  • 自重(g):220
  • スプール寸法(径/幅)(mm):34/22
  • ナイロン糸巻量(lb-m):12-130、14-110、16-100
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):76
  • ハンドル長(mm):42
  • ベアリング数 BB/ローラー:8/1

シマノの人気リールの1つなので、レビューは語り尽くされた感はありますが、ロープロリールにおいて剛性感では右に出るものがないと言えるリールです。

使用範囲の広い、王道の34mmスプールで、ギア比も5.5、6.2、7.1、8.1とローからエクストラギアまでフルラインナップ。どんなリグでも対応できます。

最初はアンタレスなど最近のリールのような尖った感じのデザインのリールと比べると、なんかもっさないーと思っていましたが、使っているうちに落ち着いたシンプルなデザインが段々カッコよく見えてきて、このリール一番カッコいいかも!?と思えてくる不思議なリールです。

コンパクトでパーミングしやすい

写真でみるよりも、実物はかなりコンパクトです。私は手が大きい方なのですが、バンタムMGLはパーミングしやすいです。親指の置き場も特に問題ないです。(そもそも親指の置き場で困ったことないんですが汗)

パーミングしやすいとフッキングのパワーロスが少なくなり、ルアーにアクションを加える時も手首の可動域が大きくとれるので、スムーズなアクションが可能です。

ミシリともいわない剛性感 巻き心地もgood

パーミングした瞬間、その剛性感が感じられる程カッチリしています。キャストしても抵抗のあるビッグベイトをクランキングしても「ミシリ」ともいいません。

コアソリッドボディーからくる剛性感は丸型リールの使用感そのものです。

ブレーキ側のねじ込み式の蓋がバンタムMGLの特徴で、少々使いづらいですが、このギミックだからこその剛性感と言えます。

巻き心地も良いので、どちらかと言うと巻きの釣りで使う方が気持ちいいかもしれません。3/8ozのリグから2ozクラスまでのビッグベイトを投げるなら最適解のリールと言えると思います。

リールが軽すぎないので、ブレにくくリーリングが安定します。

ノーズが短いので飛距離が出ない!?

アンタレスと比べるとノーズが短いので、レベルワインドとスプールのラインの角度がつきすぎて、飛距離がでないと心配する方もいるかと思いますが、使っていて感じるのは、「気にならない」という事ですw

厳密に比べたら、そりゃ違いがあるかもしれませんが、飛距離に影響するのはその部分だけではないので、神経質になる程のことではないように思います。

バリアルと組み合わせると以上にカッコよくなる

バリアル95mm ブラック

短いノーズとシンプルでプレーンなデザインが功を奏しているのか、バンタムMGLはDRTのバリアルハンドルと非常に相性が良いです。

リール本体のサイズ感とバリアルのボリュームとのバランスがいいので、とてもカッコよくなります。これは好みの問題ですが、もし手に入ればバリアルをバンタムMGLにつけてみてください!

剛性+剛性巻き感度がビンビンになることも付け加えておきますw

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました