田中将大と清水盛三が夢の共演。スーパースターもバスプロの前ではいちファンになるという事実。

エンジェルスの大谷昇平選手がメジャーリーグで活躍し始めています。

二刀流への挑戦。応援したいですね。

ボトムコンタクトのshinです。

すでにメジャーで活躍している選手も大勢いますが、その中でも田中将大選手は、あの名門ヤンキースの先発ローテーションを維持しているスーパースターです。年俸は23億円。日給に換算すると440万円です。

国民を代表するスーパースターと言えます。

スーパースターと一口で言ってしまうのは簡単ですが、そこにたどり着くまでには、常人では想像できなくらいの努力をされているはずです。

いくら才能があったとしても、それを極みにまで昇華させるには、並外れた精神力と反復、繰り返しの鍛錬がなければ、不可能だと思います。

そして、なにより「好き」というファクターがそれを後押ししてくれるものだと思います。

そして、これだけの年俸をもらうには、人間の徳による要素もある気がします。

田中将大選手も大谷昇平選手も共通していることがあって、それは「落ちているゴミを拾う」そうです。人の見えないところで行う陰徳っていうやつです。その話を聞いて、何か妙に納得してしまいました。なんだそんな小さな事かと思いがちですが、私も見習ってやってみるのですが、なかなか出来る事ではありません・・・(汗)

・・・話があらぬ方向へいってしまいました(笑)

さて、そんなマー君ですが、実はバス釣り好きだというのをみなさんご存じでしょうか。

わたしも少々驚いたのですが、あの清水盛三プロと一緒に釣りをしている番組を観たときは、少し感動しました。

        (エバーグリーン HP)

ザ・フィッシングに出演した時の模様なんですが、チャンネルを変えたら、その番組をやっていて、「へえ、マー君もバス釣りするんや」と思っていたのですが、「ん?ちょっと待てよ。モリゾーと共演してる・・。これって相当すごい事やん」てなりました(笑)

世界のスーパースターもバスプロの前では、一般人になってしまうのですね。

あのマー君がモリゾーとフロリダでバス釣りを楽しんでいる。

どんなにメジャーな有名人でも、バス釣りをというフィルターを通すと、地位や身分も関係なく対等になれる。素晴らしき趣味。

そう考えるとバスプロって凄い職業ですよね。バリバリの有名人から羨望の眼差しで見られるんですもんね。いやーなんかいいもん見せてもらいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました