バス釣りと車。お金にいとめをつけないくていいなら乗りたい車。

最近の若い人は、車にあまり関心がないらしいのですが、我々アラフォー世代は、車に求めるものが違うんですよね。やっぱり良い車に乗りたいっていうのが、本心にはあるんですよ。

バス釣りに行くなら、こんな車で行きたい!という理想の車ってありますよね。

私は今、燃費や維持費を考えて、ゴルフというコンパクトな車を愛車にしているのですが、やっぱりデッカい四駆の車で、釣りに行きたい!という思いはずっと持っています。

車両価格もランニングコストも度外して、お金にいとめをつけなくていいのなら、こんな車に乗りたい!という妄想を膨らませてみることにします。

ボトムコンタクトのshinです。

ジープ グランドチェロキー

(jeep HP)

こんな車でバスボートを牽引してみたいです。

V6とV8があるのですが、どっちでもいいです。どちらも必要充分なパワーなはずですから(笑)

アメ車なんですが、どこか欧州車の雰囲気があるのが良いんですよね。アメ車アメ車してないところがGOODです。

  (jeep HP)

インテリアも落ち着きがあって好きです。

この車で早朝から琵琶湖に向かいたいです(笑)

妄想がどんどん膨らみます。

トヨタ ランドクルーザー 200系

(TOYOTA HP)

言わずとしれた国産最強四駆ランクル。

この200系あんまり評判がよろしくないようなんですが、別にそんなの気にしません!

私はカッコいいと思います。この迫力とランクルというステータスが手に入るのなら、周りの評価なんて関係ないです。なにせお金にいとめをつけなくていいんですから。

(TOYOTA HP)

流行の3列シートですよ。マツダのCX-8が絶好調のようですが、SUVの3列シートと言えば、ランクルです。

後席ちょっと狭そうですが、ハッキリ言って使いません。

折りたたんで、タックル積みますって(笑)

なんでも言えますよ、妄想ですから。

CX-8・・・現実味はたしかにあります。はい。マツダうまいです。

今回は妄想ですから、強気に行きます。

年式は古いけど、釣り車として乗ってみたい魅力的な輸入車3台
釣りをするための車なんて特に決まりはなく、どんな車であってもロッドさえ積めれば何でもいいわけです。でも車に少しでも興味がある方ならわかると思うのですが、釣りのスタイルにこだわるように、釣りに行く車もこだわりたくなるんですよね。

ベンツ Gクラス ゲレンデヴァーゲン

(ベンツ HP)

最高級SUVの名をほしいままにしています。

ハッキリ言ってオシャレです。力強いのにオシャレとはどういうことでしょうか。

この形は唯一無二だと思います。この車さえあれば、あとはどうにでもなります(笑)

(ベンツ HP)

この佇まい。信じられないくらいの落ち着きと高級感。写真が綺麗なだけなのか、先入観にやられてしまっているのか分からないですが、見てて気持ちいいです。ずっと見てられます。

というわけで、取り急ぎ3代の高級車をセレクトしてみました。

今回は妄想に浸ってしまいました(笑)記事を書いていて楽しかったです。

でも、こういう願望を持つのも大事ですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました