釣りガール りんか 実は相当の釣り師

一昔前までバスフィッシングは男の遊びであり、釣り場で女性を見かけることはほぼありませんでした。しかし、最近では一人でおかっぱりしている女の子もちらほら見かけるようになりました。

そんな釣りガールの先駆け的存在にりんかさんがいます。このりんかさん。ブログなどを拝見しているとただの釣り好きの女の子ではないようです。

ボトムコンタクトのshinです。

中身はデカバスハンター

Bevelというブランドから、自身がプロデュースするルアーをリリースしているりんかさん。

最初は若い女の子も釣りをするようになったのかと、微笑ましく見ていたのですが、たまたまブログを拝見する機会があり、読んでいると、ちょっとそんじゃそこらの釣りガールではないことが分かってきました。

まずりんかさんは本物のデカバスハントを実践しているアングラーであるということです。

ほぼおかっぱりから、驚異的とも言える60アップ率の釣果を叩き出しています。

しかもたまたま釣れたではなく、確実に狙いにいって釣り上げています。

りんかさん自身も60アップはもはや通過点で、目標は70アップを狙っているようです。

どのようにここまでのスキルを身につけられたのか興味がありますが、言えることは釣りに行く回数がそこらへんのアングラーとは桁違いということです。

職業として打ち込んでいる強者です。

見た目からは想像もできない本物のデカバスハンターです。

最近ではビッグベイトの釣りでその可能性を探っているようです。デプスの北の鉄人山田裕五の女版といっても過言ではないかもしれません。

(りんかHP)

NHKやナカイの窓にも出演

(youtube)

ナカイの窓に出演したのも記憶に新しいですよね。この時もアイドル的な存在としてしか認識していなかったのですが、番組でもそのような扱いにとどまっていたようです。

デカバスハンターな一面を押し出して、もっと有名になってほしいですね。そうすれば、釣りに対するイメージもよくなり、間口も広がっていくように思います。

これだけ活躍するようになると、ネットなどではあることないことをいろいろ中傷されているようですが、しょうもない輩など、気にせずにこのまま突き進んで言ってほしいものです。

いろいろな釣りに関するイベントも行われているようです。釣り具店でのセミナーなど直接会いに行けるアイドルような活動もされているので、近くでイベントがあれば聞きに行くのもいいですね。デカバスハントの本質を垣間見ることができるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました