スポンサーリンク

夜釣り用ヘッドライト(USB・充電式)おすすめ16選|繰り返し使える充電タイプのヘッドライトをご紹介!

出典:@claymorejp

日中のようなプレッシャーもなく、夜にシャローに上がってくる傾向があるブラックバスは夜釣りでの実績が高い魚。

明るい時間帯にイマイチ釣果が伸びない方や、日中は釣りに行く時間が取れないといった方は、夜釣りを試してみるというのも選択肢のひとつです。

そんな夜釣りで必ず必要になるのが夜釣り用のヘッドライト。夜釣りでは、視界がしっかり確保できるヘッドライは欠かすことのできないアイテムです。

しかし「電池交換が面倒…」という方もいるかもしれません。そこで今回は、繰り返し何度も使えて、電池交換も不要の充電式ヘッドライトのおすすめをご紹介します。

夜釣りで活躍するヘッドライト

出典:CLAYMORE

SNSの投稿などを見るとブラックバスも、海釣りの魚同様、夜釣りでの釣果が多いことに気が付きます。そんな夜釣りで必須になるのがヘッドライト。

ひとくちにヘッドライト言っても、種類が多いので選ぶのが大変です。今回は、電池交換が不要で繰り返し何回も使える充電タイプのヘッドライトをピックアップしてみました。選ぶ際に気をつけたいポイントも解説しているので参考にしてみてください。

ヘッドライトの選び方

充電タイプのメリットは?

充電タイプのヘッドライトのメリットはまずは軽量なこと。リチウムイオン電池の進化により、非常にコンパクトなモデルが増えています。

電池の替えを用意する必要がなく、自宅や車で充電すれば手軽に何度も使えるので経済的。ヘビーユーザーにおすすめです。

一方、充電が切れた場合、電池の様に交換できないため、充電してからでないと再び使用できないのがデメリット。釣行長時間が長い方は、電池交換タイプがおすすめです。

明るさで選ぶ

300ルーメン以上がおすすめ

釣り用ヘッドライトの明るさは「ルーメン」という単位で表し、数値が大きいほど明るいことを意味します。釣りでの使用は、100ルーメン程度のものであれば手元を照らせるので作業するのに問題ありません。また、足元まで広範囲に照らして安全性を高めたい場合は300ルーメン以上がおすすめです。

明るさを調節できるものが多い

釣り用ヘッドライトの多くは、強・中・弱といった明るさを調節できます。手元の作業は弱い光で、ポイント移動時は強い光に切り替えるなど、場面に合わせて光量を調節できて便利です。

防水性を確認

急な雨でも故障しない程度の防水性があると安心です。防塵・防水性を表す規格をIEC(国際電気標準会議)が定めていて、「IP☓☓」と記載されています。「☓☓」の数値が大きいほど防塵・防水性が高いので、購入する際にチェックしてみましょう。

また、釣り用ヘッドライトは災害などの緊急時にも活躍してくれるので、そういったことも考慮しておくといいでしょう。

赤色ライトは魚に警戒心を与えにくい

出典:Amazon

赤色は魚に認知されてにくいと言われており、警戒心を与えずに水辺で使用できるのがメリットです。ルアーに絡んだウィードを撮ったり、ルアーチェンジなどの手元作業がしやすく、動画撮影などで手元を常に照らしておくのにも重宝します。

センサースイッチ搭載なら手をかざすだけで点灯可能

また、センサースイッチ機能を搭載した釣り用ヘッドライトは、手をかざすだけで点灯と消灯、なかには明るさの調節が可能なモデルもあります。突然訪れる魚とのファイト時やグローブでボタンを押しにくいときなどに便利です。

フォーカス機能があればさらに安全安心

出典:hataya

フォーカス機能とは、光軸を絞ることで光を面ではなく、点に近い状態にしてくれる機能のこと。足元の状況やタモを伸ばしてランディングするときなど、対象物をハッキリ照らしてくれます。フォーカス機能が付いていないとボンヤリして見えにくいこともあるので、搭載されていると安心です。

ヘッドライトのおすすめブランド

マイルストーン

出典:milestone

マイルストーンは日本初のアウトドア用ヘッドランプブランド。メインLEDにナチュラルウォームカラーLED(電球色)が採用れているのが特徴。電球色の光源は、白い光に比べ、乱反射が少なく目に優しいと言われており、PEラインが見やすいのも魅力。「MS-Hシリーズ」は充電池・乾電池の併用が可能なので、長時間釣行する方におすすめです。

ゼクサス

出典:ZEXUS

ゼクサスは基本性能が高いヘッドライトが豊富に揃っているブランドです。気軽に使える軽量のものから、過酷な状況にも耐えられる機能性に優れたものまでラインナップしています。充電タイプでは「ZX-R350」などの「Rシリーズ」を展開しており、ライトユーザーからヘビーユーザーまでニーズによって幅広いモデルを選べるの魅力です。

ジェントス

出典:GENTOS

ジェントスは日本初のLEDライトメーカー。LEDランタンやヘッドライト、懐中電灯、業務用のワークライトで圧倒的シェアを誇るブランドです。高い品質でありながらコストを抑えた製品を、ニーズに合わせて幅広く展開しているのが人気の理由。海外メーカーと比べても、機能性が高くリーズナブルな製品が豊富に揃っているのが魅力です。

釣りにおすすめのヘッドライト

マイルストーン MS‐G1 USB Rechargeable Model

出典:mailestone
明るさ約300ルーメン
電池寿命約18時間(5%時)
本体重量約28g
本体サイズ約 幅40×高さ33×奥行25mm
赤色点灯×
防水

マイルストーンのベストセラーモデル「MS-G1」。近年のリチウムバッテリーの進化の恩恵を受けた超小型・軽量のUSB充電モデルです。パソコンや車などから充電できるので経済的で便利。わずか28gの本体重量ですが、約300ルーメンという光量を確保することができます。普通の迷彩柄とはまた趣のちがう枝葉をモチーフにしたデザインのベルトも人気です。

マイルストーン MS-G2 USB Multi Function Model

出典:mailestone
明るさ約400ルーメン
電池寿命約14時間(5%時)
本体重量約24g
本体サイズ
赤色点灯
防水

シンプル機能の「MS-G1」にいくつかの機能をプラスしたのが「MS-G2」です。スポット照射に加えワイド照射を搭載。ミックス、白色、電球色、赤色と4色をシーンによって使い分けることができます。付属のクリップを使えば、キャップのつばなどに留めることもできて便利。軽量コンパクトなボディに充実の装備が搭載されたヘッドライトです。

マイルストーン MS-H1 / Hybrid Model Cool 

出典:mailestone
明るさ約530ルーメン
電池寿命約40時間(5%時)
本体重量約65g
本体サイズ幅 57 ✕ 高 42 ✕ 奥行 ✕ 33 mm
赤色点灯×
防水

充電式バッテリーと乾電池の両方が使えるハイブリッドタイプ。充電が切れたとしても乾電池が使えるので現場でも安心。災害用の備えとしても検討したいモデルです。一点を照らすスポット、歩行時に足元を照らすワイド、その中間的なミックスの3つのモードを搭載しています。光量は最大530ルーメンとかなり明るく、キャンプなどのアウトドアでも活躍間違いなしのモデルです。

マイルストーン Hybrid Model Warm MS-H2

出典:mailestone
明るさ約420ルーメン
電池寿命約160時間(5%時)
本体重量約65g
本体サイズ幅 57 ✕ 高 42 ✕ 奥行 ✕ 33 mm
赤色点灯×
防水

スポット、ワイド照射に温かみのあるマイルストーンの定番「LED電球色」を採用しています。目にやさしく、PEラインが見えやすいのが魅力。充電式バッテリーと乾電池のどちらでも使える2Way仕様の便利なハイブリッドモデルです。ビームパターンは「Hybrid Model Cool 」と同じですが、光量が抑えられているため電池寿命が160時間と長くなっており、一晩続けて釣行する方におすすめです。

▼クレイモア キャップオン120H CLP-135N

出典:claymore
明るさ約500ルーメン
電池寿命約90時間(lowモード)
本体重量約59g
本体サイズ幅 56.6 ✕ 高 34.5 ✕ 奥行 ✕ 55 mm
赤色点灯
防水

つば付きの帽子をかぶって釣りをする人におすすめのキャップオンタイプです。本体のクリップを差し込むだけでキャップライトとして手軽に使用することができます。また、手をかざすだけで操作できるモーションセンサー搭載。付属のカラビナを使用すれば吊り下げランタンとしても使えます。赤色ライトも装備されており、釣りに最適な存在感抜群の小型ライトです。

ゼクサス ZX-R370

出典:Amazon
明るさ約830ルーメン
電池寿命約45時間(5%時)
本体重量約114g
本体サイズ約 幅57 × 高さ52 × 奥行47mm
赤色点灯
防水

水面を透過しにくく魚に気づかれにくい赤色と手元作業がしやすい電球色の2色のLEDライトが搭載されています。最大光量は830ルーメン、遠方照射は200mと非常に高い出力を発揮するモデルです。専用充電池は本体より取り外して直接充電可能で、スマホなどの充電にも使えます。後部認識灯も搭載され、安全性の高さも魅力です。

ゼクサス ZX-R30

出典:Amazon
明るさ約400ルーメン
電池寿命約8時間(10%時)
本体重量
本体サイズ
赤色点灯
防水

およそ夜釣りで必要な機能を備えた、無駄のないシンプルなヘッドライトです。USB充電、軽量コンパクト、白色LED、赤色LED、そして光量調節可能と必要十分な機能を搭載しています。また、専用クリップでさまざまなところに取り付け可能。電池残量が一目で分かるインジケーターも便利です。

ゼクサス ZX-R20

出典:Amazon
明るさ約380ルーメン
電池寿命約8時間(10%時)
本体重量約28g
本体サイズ
赤色点灯
防水

メインLEDに電球色を採用したモデルです。暖色系の光源を採用することで、白色LEDでは見えにくかったPEラインや手元作業が見やすくなっています。また、水面を照らしても魚に認識されにくい赤色LEDも搭載。メイン、赤色のどちらも明るさを無段階調節できるようになっています。目にもやさしい電球色が好みの方におすすめです。

ゼクサス ZX-R10

出典:Amazon
明るさ約320ルーメン
電池寿命約16時間(MIDモード)
本体重量約28g
本体サイズ約 幅40×高さ33×奥行25mm
赤色点灯×
防水

ゼクサスの充電式では一番リーズナブルでコンパクトなモデルです。ライト色は白色LEDのみで非常にシンプル。明るさを記憶・無段階調節できるディミングメモリー機能が搭載されています。軽量なので頭に装着しても首にかけても、ストレスになりにくいのが魅力。専用クリップで帽子のつばやフローティングベストなどに固定したい方にもおすすめです。

「ゼクサスZX-R10」のインプレ記事はこちらをどうぞ⬇

ZEXUS (ゼクサス) ZX-R10 USB充電ができるヘッドライト
ネコソギのデッドスローでナイトゲームをするようになり、ちゃんとしたヘッドライトが欲しいと思い、いろいろ検討した結果ゼクサスのヘッドライトを購入しました。ZX-R10というモデルなんですが、軽くて必要十分な機能を備えているので、とり...

ジェントス GH-110RG

出典:gentos
明るさ約450ルーメン
電池寿命約52時間(ecoモード)
本体重量約176g(電池含む)
本体サイズ約 幅59.3×高さ43.2×奥行37.2mm
赤色点灯×
防水

手をかざすだけで点灯・消灯操作ができるモーションセンサー搭載モデル。手がふさがっていたり、スイッチを押しにくいときに非常に便利です。充電式バッテリーと乾電池のどちらも使えるハイブリッドタイプなので、釣行中に充電がなくなっても安心。ベゼルを回すことで、スポット照射からワイド照射に無段階に調節可能なフォーカスコントロールも装備されています。

ジェントス SDH-333H

出典:Amazon
明るさ約500ルーメン
電池寿命約12時間(ecoモード)
本体重量約183g(電池含む)
本体サイズ約 幅64.5×高さ41.1×奥行38.8mm
赤色点灯×
防水

白色LEDと暖色LEDの2色を搭載したヘッドライト。それぞれが独立して同時に点灯するため、光量を調節し組み合わせて15通りの光を作り出せるのが特徴です。充電式バッテリーと乾電池のどちらも使えるハイブリッドタイプなので、釣行はもちろん災害などの緊急時にも対応できます。ヘッドは可動式で好きな角度に調節できるのもポイントです。

ジェントス VA-03R

出典:Amazon
明るさ約270ルーメン
電池寿命約12時間(ecoモード)
本体重量約75g(電池含む)
本体サイズ約 幅72.2×高さ40.2×奥行34mm
赤色点灯×
防水

楕円形の照射面でワイドな視界が確保できるのが特徴。光量は最大270ルーメンと明るすぎないヘッドライトを探している方におすすめです。サブに暖色LEDを搭載しているので、PEラインや手元作業がしやすいのもポイント。必要最小限の機能でリーズナブルなヘッドライトとなっています。

ジェントス HW-X634H/KDHL-2112

出典:Amazon
明るさ約700ルーメン
電池寿命約65時間(ecoモード)
本体重量約353g(電池含む)
本体サイズ約 幅80×高さ57.2×奥行44mm
赤色点灯×
防水

レバー操作でスポットビームからワイドビームまで無段階に調節できるフォーカスコントロール搭載モデル。最大光量は700ルーメン、最大照射距離約270mと高い出力を誇ります。ヘッドは50°の可動式で光源を微調整したいときに便利。ポイントまで歩く距離が長いときや、足場の悪いときにおすすめの視界をしっかり確保できるヘッドライトです。

ジェントス WS-343HD

出典:gentos
明るさ約320ルーメン
電池寿命約53時間(ecoモード)
本体重量約118g(電池含む)
本体サイズ約 幅66.8×高さ45.5×奥行42.8mm
赤色点灯
防水

赤色LED搭載のリーズナブルで使いやすいヘッドライト。釣りで欲しい最低限の機能が装備されており、非常にコスパの高い人気モデルです。充電バッテリーと乾電池の両方が使えるのも魅力。フォーカスコントロールも搭載されており、足元やランディング時に重宝します。軽量で明るさを両立したヘッドライトを探している方におすすめです。

レッドレンザー MH5

出典:Amazon
明るさ約400ルーメン
電池寿命約35時間(lowモード)
本体重量約94g(電池含む)
本体サイズ約 幅69×高さ35×奥行38mm
赤色点灯
防水

レッドレンザーはドイツ生まれのLEDポータブルライトメーカーです。その中でもアウトドアユーザーに人気なのが「MH5」。一般的なヘッドライトは中芯だけ明るくなりがちですが、レッドレンザーは照射面の隅々まで明るい光で照らしてくれるのが魅力です。赤色LEDも搭載されており、夜釣りの安全性と快適性をアップしてくれるヘッドライトとなっています。

ハピソン 充電式チェストライト YF-201-K

出典:Amazon
明るさ約600ルーメン
電池寿命約110時間(lowモード)
本体重量約170g(電池含む)
本体サイズ約 幅118×高さ80×奥行52mm
赤色点灯
防水

首からぶら下げるタイプの充電式チェストライト。ニーズに合わせて10種類の明かりが選べます。質感の良いストラップは首にあたる部分に幅広のパッドが採用されており、ストラップ長を調節すれば、キャストやリトリーブの際にブラブラすることもありません。ヘッド部分も角度調節できるので下を向いてのラインの結び替えなどにも便利。赤色LEDも搭載されておりヘッドライトに抵抗がある方にもおすすめです。

夜釣りでのヘッドライト使用時のマナー

夜釣りでのヘッドライトの使用はマナーがあるので注意しましょう。

水面を照らすのはNG

周囲に釣り人がいる状態で、水面をライトで照らすの絶対やめましょう。これは「マナー違反」なので、トラブルの原因になる可能性があります。もちろん他に釣り人がいないときは構いません。

手元を照らすときは岸を向いて

手元を弱い光で照らすとは言え、なるべく水面に光が当たらないようにするのがベターです。魚が散ってしまうと自分の釣果にも影響が出てしまいます。

歩くときはできるだけ足元だけを照らす

ポイントを移動するときは、なるべく足元だけを照らすようにしましょう。他人のライトの光は意外と気になるもの。夜釣りでは不要なトラブルを回避することが必要です。もちろん、足場が悪かったり危険を感じたりする状況では躊躇することはありません。

ヘッドライト以外の便利アイテムはこちらの記事をチェック!⬇

釣行に便利なアイテムをチェック
釣り用デジタルスケールのおすすめ14選|選び方も解説!レコードフィッシュのウエイトをバッチリ記録しよう!
釣り上げた魚の長さをはかるのと同時にデジタルスケールで魚のウエイトをはかるアングラーが増えています。デジタルスケールは夜間でも見やすく写真などでも記録しやすいのが特徴。今回は釣り用デジタルスケールのおすすめを紹介します。釣...

車中泊マットのおすすめ15選|快適な睡眠は釣果に繋がる!手軽に使えるものから本格的なものまでご紹介!
車中泊をする上で欠かすことができない車中泊マット。快適な睡眠は、その日のパフォーマンスを上げてくれる大切な要素です。車中泊マットがあれば、ポイントの近くに前乗りしたり、ちょっと休憩したりするときにも非常に便利。今回はおすす...

【バス釣り】フィッシュグリップのおすすめ15選|選び方や携帯に便利なアイテムもご紹介!
釣った魚を安全かつ確実に掴むために活躍するフィッシュグリップ。バス釣りでは、ビッグベイトやジャイアンベイトのようなトレブルフックの釣りで使用するのが主流です。特に、バスの下アゴにフックが掛かったときに非常に便利。今回は、フィッシュ...

ヘッドライトで安心安全に夜釣りを楽しもう!

夜釣用の充電式ヘッドライトのおすすめと選び方を紹介しました。暗闇でもしっかり灯りを確保できるヘッドライトがあれば安心して釣りに集中できます。ヘッドライトは、ハイスペックな高出力なものから、リーズナブルで必要最小限の機能のものまでラインナップされています。ぜひ、自分の用途に合ったものを選んで夜釣りを楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました