スタジオコンポジットのハンドル「RC-SC EX96」インプレ

スタジオコンポジットのハンドルってどんな感じ?

ごっつい印象だけど、使用感は?

ジワジワと人気が上がっているスタジオコンポジットのハンドル。カーボンの質感がカッコイイですよね。一度使うとノーマルとの明らかな違いに、全てのハンドルをスタコンにするアングラーもいるほど。私自身も購入して1年間使ってみたのインプレしてみます。

スタジオコンポジット「RC-SC EX96 R29XL 」スペック

私が購入したのは「RC-SC EX96 R29XL カーボンノブ」というモデル。

  • ハンドル長  96mm バーサタイルに使える長さ。短くもなく長くもない。
  • プレート厚  5mm 5mmはなかなか肉厚。カーポン模様がシブい。
  • ノブの大きさ XL29L これも結構デカイ。最初は違和感しかない。

基本的にスタジオコンポジットのハンドルはアブ・ダイワ用、シマノ用のアタッチメントが付属で付いているので、どちらでも装着できます。

スタジオコンポジット「RC-SC EX96」の使用感

96mmはバーサタイルに使える

96mmのハンドル長はどんなスタイルにも対応し易い長さです。ビッグベイトから3/8ozのリグくらいまで、幅広く快適に使えると思います。ノーマルのハンドル長は大体90mmくらなので、96mmあると抵抗の大きなリップ付きルアーも軽い力で巻くことができます。(ハンドル長が長い程、巻き取りのトルクが上がる)

私の感覚では、ギア比:7くらいのハイギアと相性がいい印象です。余程特殊な使い方をしなければ、まずは96mmがオススメです。

グリップ力に優れた中空カーボン ラバーコーティングノブ

スタジオコンポジットのカスタムハンドルで特徴的なのが、デカいノブだと思うんですが、

ノーマルから持ち替えた当初は違和感しかありませんでした。

「えっ、これ失敗したかっ!」と本気で思いました。

でも人間て不思議なもので、使っているうちに慣れてきて違和感どころか、デカいノブの機能性に手放せなくなってしまいました。

見た目は滑り易そうと感じるかもしれませんが、ラバーコーティングは手に吸い付く感じがあり、雨でもグリップ力を感じるので、安心感があります。

感度とトルクを備えた5mm厚のカーボンプレート

正直、ここまで肉厚にする必要があるのかと思いますが、「絶対にタワんだり、折れたりしないんだろうな」という安心感はハンパないです。クランクしているので、ノブがリールに近くなり巻きのトルクも上々です。

デカい魚を獲るために、こだわって作られていることが分かります。生涯で最大の魚が掛かったときを想定するとこの形になるのかな、なんて思います。

どんな釣りでも高次元に対応

ここまでノブがデカいと重さはノーマルより重いです。でも使っているうちに慣れるレベルなので、今では気になることはないです。

ビッグベイトには最適で、その他の釣りでも違和感なく使える印象です。

ひとつ向いてない釣りがあるとすれば、ベイトフィネスです。軽量すぎるリグで繊細なアクションを出し続けるような釣りは、はっきりいってノーマルハンドルに分があります。

「掛けた魚を逃さない」理にかなったハンドル

デカいノブの何がいいかというと、まず、当たりがあったときにノブを探さなくていいのと、人差し指、中指、親指の3本で確実に握ることができるので、力強くリーリングできます。

これは大きい魚が掛かったときほど、アドバンテージになります。

気になるところ

・デカくて邪魔

あえて気になる所を挙げるとすると、ハンドルノブがデカいので、邪魔なときがあることです、そのデカさゆえに、持ち変えるときに体に当たったり、車にしまう時にハンドルが邪魔なことがあります。

・値段が高い

下手したらバンタムMGLが買えてしまう。このハンドルにハマったらお財布が大変なことになる。

スタジオコンポジット コラボモデル

スタジオコンポジットにはレギュラーラインナップの他に、琵琶湖のエキスパートとのコラボモデルがあります。どれもニッチで独特のコンセプトなので面白いものばかりです。

山田祐五モデル「RC-SC EX PLUS  88mm STRONG MIND」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

★TARANTULA/Shogii★(@tarantula.shogii)がシェアした投稿

琵琶湖北湖ガイド山田祐五さんとスタジオコンポジットさんの第一弾コラボハンドル。

特徴はラウンドスクエアノブと88mmの短さ。スライドスイマー250のリーリングジャークに初速を出すために開発されたモデル。

↓こちらはコラボ第二弾の「RC-SC 88mm ストロングモデル 山田祐五モデル」。ベイトフィネスから中量級ルアーをカバーするオールラウンダーになっています。

栗田学モデル「RC-SC EX PLUS 92mm WORLD BREAKER」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

MANABU.KURITA(@manabu.kurita)がシェアした投稿

世界記録保持者 栗田学さんとのコラボハンドル。

ハンドル長は92mm。ノブは特殊ラバーコーティングされた特注大型カーボンノブを搭載。大きさ・剛性ともスタジオコンポジットの中では最強クラス

ピーターモデル「RC-SC EX PLUS 90mm  CONCEPT D」

愛称”ピーター”と呼ばれるツララ モンストロシリーズのプロデュースを手掛ける中川氏とのコラボモデル。

独自の「巻き合わせ」理論を提唱し、その理論に最も適したハンドルになっている。ハンドル長90mmと指3本で握れるハンドルノブR27XXLはこだわり抜かれた設計になっている。

R27XXLは中指までかかります。

釣りが楽しくなるスタコンハンドルを手に入れよう!

おそらく、一度使うと元に戻れなくなると思います。そして機能性と所有感。一生に一度のチャンスを本気で逃さない為に作られたカスタムハンドル。ぜひ一度、試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました