クラッシュ9 リップレスモードB アンタレスDCMDがベストマッチする3つの理由

アンタレスDCMDスペック

クラッシュ9のリップレスモードB。デッドウォークさせて使うモードですが、この釣りにアンタレスDCMDは非常に使いやすくなっています。

ギア比  7.8 

最大ドラグ  6kg   

自重235g 

スプール径  38mm

糸巻き量  16-100m 20-120m 

最大巻上長 93cm

数あるエキストラハイギアリールがありますが、なぜアンタレスDCMDなのか?

アンタレスDCMDがベストマッチする3つの理由です。

①キレのあるアクションが出せる

アンタレスDCMD HGはハンドル一回転93cmの巻取り量があります。これはハイギアリールの中でもトップクラスの巻取り量です。

クラッシュ9のリップレスモードBでは、いかにキレのあるアクションが出せるかが重要になってきます。

このハンドル一回転93cmは、クラッシュ9のデッドウォークをする上で、絶妙な巻取り量なんです。

グライドさせて惰性で滑せる、そして次の動きに移行する、あるいは連続で首を振らせるデッドウォークでも、ハンドル操作だけで意図したスライド幅を演出できます。

偶然の産物かもしれませんが、この93cmはクラッシュ9のデッドウォークにベストマッチします。

②トルクがあるので、軽い力でリーリングできる

アンタレスDCMDのスプール径は38mm。バーサタイルなバンタムMGLは34mmなので、かなり大きなスプールが入っています。

アンタレスDCMDのギア比は7.8。これはエキストラハイギアでは低い部類に入ります。ちなみにバンタムMGLのエクストラハイギアは8.1になります。

ギア比が低いほど巻取りのトルクが上がるので、大口径のスプールもプラスされ、アンタレスDCMDの巻取りのトルクは他のリールよりも高くなっています。

このギア比7.8と38mmスプールの組み合わせが、クラッシュ9にすごくマッチします。

リップレスとは言え、3oz以上あるクラッシュ9を操るには、それなりの巻取りパワーが必要です。そのパワー(巻取りトルク)を備えているスペックを持つのがアンタレスDCMDになります。

なので、軽い力でリーリングが可能になり、より繊細に、時には力強く操作でき、長時間やり続けても疲れ難いという利点が生まれます。

③高い剛性がもたらす安心感

アンタレスDCMDのギアは、真鍮ギア+マイクロモジュールです。

真鍮ギアは強度に優れていて、マイクロモジュールもギア同士の噛み合わせの面積が広くなるので、強度に優れています。

ジャイアントベイト専用機と言われるアンタレスDCMDのMD(モンスタードライブ)の中核部分です。

3oz、時にはそれ以上の重量のルアーを繰り返しキャストする時、そしてそのルアーの重量ごと魚を掛けてファイトする時に掛かるリールへの負荷は、かなりのものがあります。

簡単にガタがくるようなリールでは、釣りになりませんし、経済的ではありません。

もし、長くジャイアントベイトの釣りをするつもりなら、少し高いですがアンタレスDCMDのような専用のリールを用意した方が、かえって経済的かもしれません。

クラッシュ9のリップレスモードBのアクションを余すことなく、ストレスなく、引き出してくれるスペックがアンタレスDCMDには備わっています。

クラッシュ9 リップレスモードB アンタレスDCMDがベストマッチする3つの理由

余談ですが、アンタレスDCMDはジャイアントベイト専用と謳われていますが、リップ付き(クランキング)するには、少々使いづらいかもしれません。
リップ付きを扱うなら、もう少しローギアのリールの方がいいと思います。あくまでリップレスのジャイアントベイトにはベストマッチするという事になります。あとヘビキャロにも、これ以上ない程使えるリールだと言うことも付け加えておきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました