インナーダウンの定番 モンベル スペリオダウン ラウンドネックジャケット

冬の防寒対策。ノースフェイスのマウンテンライトジャケットのような、ハードシェルの下は何を着ればいいのか。

実はこれには、すでに最適解があってユニクロのウルトラライトダウンのような、薄手のダウンジャケットを着込むのが主流となっています。動きやすくて暖かいとので、とても重宝します。

薄手のライトダウンジャケットはユニクロで有名になりましたが、この分野のパイオニアは実はモンベルのスペリオダウンです。

釣りにもタウンユースにも使えるハードシェル ノースフェイス マウンテンライトジャケット 
真冬の釣りにも対応できるような防水防風のハードシェルを捜していて、いろいろ悩み抜いた結果、このノースフェイスのマウンテンライトジャケットに行き着きました。今回は3シーズン釣りにも街着にも使える超優秀なマウンテンライトジャケットにつ...

モンベル スペリオダウン ラウンドネックジャケット

モンベルのスペリオダウンはインナーダウンとして、登山やアウトドアを楽しむ人に向けて販売されましたが、そのデザイン性の高さからコーディネートとしやすく、街着としてもオシャレに着こなせるということで、人気に火が付きました。

特にこのラウンドネックは首回りがすっきりしているので、アウターと干渉しにくく、インナーとして着るには、とても使いやすいアイテムだと思います。

800フィルパワーの高品質ダウン

(出典 zabou)

スペリオダウンジャケットには、800フィルパワーの高品質ダウンが使用されています。通常600~700フィルパワーで良質ダウンと言われています。

防寒では、いかに暖かい空気の層を作るかが大切になってきますので、ハードシェルとインナーダウンは非常に相性がいいと思います。インナーダウンの下にフリースを着込めば、冬の防寒対策としては、ほぼ完璧と言える装備になります。

重量も156gと軽く、着ていることを忘れるくらい軽いです。こんなに軽くてほんとに暖かいの?と疑ってしまいますが、すごく暖かいです。

表面の素材は薄くて柔らかい生地が使われています。超撥水耐水加工なので、少々の雨でも問題なさそうです。

コスパが凄い アウターとしても使えるので3シーズンいける

このスペリオダウンジャケットはコストパフォーマンスも抜群です。パタゴニアやナンガ、ノースフェイスのインナーダウンと比べても、同じくらいのフィルパワーですが、価格は半分くらいで買えてしまいます。これも人気の理由となっています。

また、アウターとしても使えるので、3シーズンいけます。冬はミドルインナー、春先、秋口はアウターとして着れるので、これだけでもコスパが高いと思います。

ちょっとした事ですが、スペリオダウンジャケットはジップではなく、スナップボタンで止めるので、インナーとして着たときに、ゴワつかずスッキリ着れます。

モンベルは日本のアウトドアメーカーですが、機能は本格的なのに価格は抑え目なので、釣りにも使えるアイテムが豊富で良いですよね。

釣行時、ここは注意!な点

ラウンドネックなのでハードシェルのインナーとして使う時は、どうしても首元がスースーするので、ネックウォーマーがあった方が良いと思います。

アウターとして使用するときは、薄く柔らかな生地なので、フックや枝に気をつけてください。おそらく一撃でやられてしまいます。

あと、シワが付きやすいので、コンパクトにしまうことができる専用の袋には、あまり入れない方がいいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました