19 スコーピオンMGL パワー系バーサタイルに生まれ変わるも、好みが分かれるリールかも

19スコーピオンMGL

19カルカッタコンクエスト、19アンタレスとモデルチェンジが止まらないシマノから、あの深紅のリールが帰ってきます。

19スコーピオンMGL。16スコーピオンはブラックでしたが、今回は往年のワインレッドに戻してきました。黒は黒でカッコよかったのに・・と思ったのは私だけでしょうか。

17スコーピオンDCはカラーはそのままブラックで通常進化して欲しいです(汗)

17スコーピオンDC

私は実物をまだ見てないのでなんとも言えませんが、サイドワインダーには合わないと思うので、選択肢に入ってきません(汗)

カラーで購買意欲がなくなってしまう人も結構いると思うので、シマノさんちょっとモッタイない気が・・(汗)。

と、いきなりネガティブになってしまいましたが、定価27,000円、実売2万くらいなのに、スペックはかなり充実しています。

特筆すべき点は2点

19スコーピオンMGLで最大のトピックスは、マグナムライトスプール(第2世代)搭載+マイクロモジュールギア搭載の2点です。

第2世代マグナムライトスプール
第1世代マグナムライトスプール

第2世代のマグナムライトスプールは19カルカッタコンクエストにも搭載されいます。そして遂に実売2万円のモデルにもマイクロモジュールギアが普及してきました。

マイクロモジュールギア

CI4+(カーボン素材)のボディーとマイクロモジュールギアの組み合わせが、どうなるのか興味があります。

スペックはパワー系の釣りにマッチ

ギア比は6.2・7.4・8.5の3種類。最大ドラグ5.5kg。自重210g(ギア比8.5は215g)。
スプール径34mm/幅25mm。ナイロン糸巻量12-130m、14-110m、16-100mとなっています。

スプール径34mmなので、バーサタイルに使いやすい設定になっています。(16スコーピオンのスプール径は32mmでした)。

ラインキャバは16lbが100mも巻けるので、パワー系の釣りにマッチするリールになっています。

琵琶湖だと、これくらいのスペックが丁度良い感じになってくるのですが、例えばもう少しアベレージの小さいフィールドでは、少し持て余してしまうラインキャパとも言えます。

カラーが微妙

出典 シマノ

とはいえ、最上位機種に搭載されているMGLマイクロモジュールギア2万円前後で手に入るなら、コストパフォーマンスはすごく高いリールと言えます。

しかし、ワインレッドは好みの分かれる所になってきます。シャー専用と考えれば、めちゃくちゃカッコいいですがw。

スコーピオンシリーズの新作ロッドの噂があるので、それと組み合わせるとより一層いいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました