deps 秀逸ラインカッター

ラインをカットするとき、みなさんは何でカットしているでしょうか。

ハサミ派、ペンチ派、ラインカッター派と色々おられるとおもいます。

ボトムコンタクトのshinです。

「一匹釣ったら結び変えよ」

バス釣りをする方ならよく聞く言葉だと思います。この言葉の意味はよくわかります。

次来る魚が自己記録かもしれないし、一生で一度の魚かもしれない。

こと琵琶湖では、ワールドレコード級の怪物かもしれないこともあるわけです。

そうすれば、一匹釣ったら結び変えない手はないはずです。…ないはずです…。

分かっています。分かっているのですが、面倒くさいです(笑)

指の感触で確認したら、傷なんてないですもの。結び変えなくて大丈夫だいじょうぶ…。

(結び目に傷が入っていることもあるのです!)

過去のわたしはこんな感じで、よっぽど気になった時しか結び変えていませんでした。

しかしある日、明らかに自己記録なバスに、20lbラインをぶっちぎられてから、考えがかわりました。「一匹釣ったら結びかえよう」と。

ラインカッターを身に着けて、結び変えを習慣化したい

それまでは小さいハサミでラインをカットしていたのですが、タックルケースからいちいち取り出して、またしまってという行為に面倒くささを感じていました。

そこで、デプスラインカッターを試してみました。

クリップ式なので、どこでも取り付けられるところに利点があります。身に着けていれば、すぐにラインをカットできます。億劫な動作は皆無です。ストレスフリーです。

人間は少しでも楽をしたい生き物です。手に取りやすい物ほど、目に触れている物ほどストレスなく行動できます。これを利用して面倒くさがりの私でも「ラインの結び変え」習慣化できました。

このラインカッターはクリップ式ゆえに、ボートの釣りではライフジャケットに、おかっぱりではバッグに付けています。しっかり付いてくれるので、よほどのことが無い限り、外れてなくすことはありません。

また、360°回転してくれるので、紐に負担がかかりにくく切れにくい構造になっています。

紐も70cmくらい伸びるので、身に着けていればストレスを感じることはありません。

デザインもブラックのボディにガンメタのカッターでクールです。

切れ味は抜群なので、ラインをカットする感触が少しクセになります。

これさえあれば、面倒なラインの結び変えを少しでもストレスなく習慣化できると思います。

次来る魚が一生の思い出となるかもしれません。ラインは一匹釣ったら、必ず結び変えていきたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました