デプス コリガンマグナムを巻き倒してみたい

ボトム系の釣りと巻物の釣り。

どちらの割合が多いでしょうか。

得意不得意、その日の状況、このルアーで釣りたい!など、好みもあると思います。

ボトムコンタクトのshinです。

ボトムの釣りの良いところ

今までの釣り歴の中で言うと、私の場合、ボトムの釣りが7割、巻物の釣りが3割とボトムの釣りの割合が多いです。

タイトルをbottom contactとしたのも、ボトム系の釣りが好きだからというのも、理由のひとつです。

ボトムの釣りの何が好きなのかというと、スーパーなビッグが釣れる確率が高いということもありますが、テキサスにしても、ジグにしてもボトムの状況を感じながら、ズル引きしているだけで楽しいというのが、一番の理由です。

コリコリ感やモサモサ感、何もないところにいきなり現れる障害物の発見・・・

ボトムの様子を想像しながら、地味だけど、意外とドキドキ感があるのがいいんですよね。

そして、「コンッ」と当たってから、アワせるまでの緊張感がたまらないです。

マッタリ、ゆっくり釣りができるのも、ボトムの釣りの良いところだと思います。

しかし、以前からクランクなどの巻物の釣りの頻度も、あげていきたいという思いもありました。

そんな中、今年は自分の中で、巻き倒してみたいルアーが出てきました。

コリガンマグナムになぜか惹かれる

それはデプスのコリガンマグナムです。これまでクランクと言えば、マッドペッパーくらいしか使っていなかったのですが、なぜかこのコリガンマグナムには琴線を刺激されたのでした。

琵琶湖ガイドの上田直紀さん考案のルアーですが、ボアコンストリクターコリガンマグナムの組み合わせでやっておられるようです。

ボアコンストリクター・・・

あっ、持ってました!急にクランクやりたくなってきました!

ということで、今年はボトムと巻物の釣り割合を5対5くらいにもっていきたいと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました