AXE(アックス)SG-605P メガネの上からかけるオーバーグラス

視力の悪いメガネユーザーの偏光グラス問題。

どうしてもコンタクトレンズが苦手という方も多いと思います。私も視力が悪く、近視の乱視という救いようのない目の悪さで、コンタクトレンズが怖くて目に入れられず、コンタクトを断念してメガネをかけています。

一昔前に度入りの偏光グラスを作ったのですが、度数が段々合わなくなってきたような気がしています。そこでメガネの上からかけることのできるオーバーグラスを捜していたのですが、以前の記事で書いたAXEの偏光グラスを買ってみたので、ちょっと紹介したいと思います。

ボトムコンタクトのshinです。

AXE(アックス)のSG-605Pというモデルで、一番大きな番手です。対応メガネサイズは140mm×高さ46mmです。

このメーカーのオーバーグラスは小さい順に603、604、605となっていて、HPでは男性は605、女性は604をすすめています。

写真のレンズカラーはダークスモーク(ルーペスタジオのオリジナルカラー)で、フレームはブラックです。

この写真だけをみると悪くない印象なのですが、正直思ったよりデカイです(汗)

通常かけているメガネの上からかけるので、仕方ないのですが、実際にかけてみると・・・デカイです。

右の普段私がかけているメガネと比べると、たいぶデカイことがお分かりいただけると思います。私の普段のメガネは小さい部類に入るので、余計にオーバーグラスの大きさが際立ちます。

実際に合わせてみると、こんな感じです。よほど大きなメガネじゃない限り、余裕で入ると思います。

オーバーグラス単体で見ると、デザインは悪くないと思います。サイドの部分までレンズがあるので、余計な光は入ってきません。

他にもいろいろ調べましたが、オーバーグラスの偏光としては、このAXEのオーバーグラスが一番デザイン的に気に入りました。

ただ注意点として、普通の偏光グラス、例えばサイトマスターやZEELなどと比べると、格好良さは劣ると思っておいたほうがいいと思います。(実際に私が思いました)

しかし、メガネをしたまま偏光グラスを使えるということを、念頭に置くならば、許せる範囲とも言えます。最近はデッカいサングラスが流行っているので、大きめのサングラスが好きな方は全く抵抗ないかもしれません(w)

好みはそれぞれなので一概には言えませんが、私の第一印象はデカイ!だったので、それでも大丈夫な方は検討してみてもいいかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました