フロロライン モンスターブレイブZで落ち着いています

ラインについては賛否両論いろいろな意見があると思います。これまでたくさんの種類のラインを試してきました。最近はフロロラインに関してはダイワのモンスターブレイブZで落ち着いています。その理由について書いてみたいと思います。

ボトムコンタクトのshinです。

しなやか過ぎないのがgood

扱いやすさを追求したしなやかなフロロが主流ですが、モンスターブレイブZの特徴としては、まず第一にしなやか過ぎないという所になります。かといって堅いということもないのですが、そのバランスが良い感じなのです。

パッケージにはハードタイプとありますが、想像とは裏腹にしなやかです。でもしなやか過ぎないのです。

私はテキサスやラバージグといったボトム系の釣りをすることが多いので、しなやか過ぎるフロロよりも、ある程度の堅さのあるフロロがいいなと感じています。

しなやか過ぎるとラインの伸びも大きいので、ボトムの釣りでは当たりを取る感度が減少します。またディープで掛けた場合、伸びがある分、フッキングにも影響してしまいます。

その点モンスターブレイブZはしなやか過ぎず、強度、感度、ラインの伸度とも扱いやすいフロロラインだと言えると思います。

カナダモドームを打つパンチショットでもフロロでする場合、しなやか過ぎないラインはメリットがあります。

バスがドーム内でバイトして走ると、ラインはウィードの中でジグザグになります。この時、しなやかなラインだとフッキングの力がバスに伝わりにくく、当たりを感じてから、瞬時にフッキングしなければならない釣りでは、非常に不利になってしまいます。

ある程度堅さがあるフロロラインの方が、ジグザグがより直線に近い状態で収まるので、フッキングの効率があがるので、キャッチ率も高くなると思います。

白く濁る劣化がほぼ見られない

あとモンスターブレイブZで気に入っている点はコーティングがいいのか、ラインの劣化が少ないことです。白く濁る現象があまりというかほとんど見られません。

毎日釣りをすると違うのかも知れませんが、週一回とかの釣行回数では、2,3ヶ月は全く劣化は気になりません。ヘタしたら半年いけるかもしれません。(気持ち的には巻き替えた方がいいかもと思ってしまいますがw)

モンスターブレイブZは160m巻きです。80mの所にシールが付いていて、2回に分けて80m巻くことができます。これは非常にありがたく、コスト的にも経済的です。

かゆいところに手が届く18lb

またモンスターブレイブZには18lbが設定されています。これが他のメーカーにはあまりないんですよね。16lbと20lbの間になんで18lbがないんだと思っていたアングラーも多いのではないでしょうか。

この18lbの設定は16lbでは心許ないけど20lbもいらないと言うときに、丁度いいのです。

私的には18lb設定に惹かれて買ってみて、使ってみてよかったので使い続けていると感じです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フロロカーボンライン 巻き替えの目安
プリスポーンのスーパーなビッグが狙えるこの季節。いざタックルの準備をはじめて、気づくことがあります。「このラインいつ巻き替えたっけ?」ラインを巻き替える目安って、案外難しいものですよね。毎釣行巻き替えるのが理想なん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました