軽バンをリフトアップしたカスタム車がカッコいい件

釣りをしていると、どうしてもデッカい四駆の車に目がいきがちですが、最近こんな車もありかなと思うようになってきました。

ボトムコンタクトのshinです。

(プラスラインHP)

軽バンをリフトアップしてランガン使用に

荷室の積載量はミニバンをも超える軽バンですが、普通に乗るには少々物足りないと思っていました。しかし、このようにリフトアップして、ゴツめのオールシーズンのタイヤを履かせれば、こんなにワイルドでカッコいい仕上がりになります。

この写真の車はsuzuki エブリィのカスタム車で、4インチリフトアップしています。これなら、少々の悪路でも気にせずに走れます。

アウトドア感が出て、見た目にもとてもカッコいいですよね。街中でもほとんど見かけないスタイルなので、目立つこと受け合いです。

(プラスラインHP)

軽なので維持費や燃費が安いのも魅力です。細い道や限られた駐車スペースしかない時など、ランガンするときにも威力を発揮します。

今回の写真はジムニー&エブリイ&ハスラーのカスタムなどを専門に行っている「プラスライン」というお店です。専用のカスタムパーツを取り扱っているので、安心してカスタムすることが出来そうです。

そして気になるのが荷室をどのように利用するかですが、エブリィには専用設計のパーツがいろいろと出ています。

「TOOL BOX」と呼ばれる昌栄TOOLのsuzuki エブリィ DA17用ベットキットで車中泊仕様に

昌栄の「TOOL BOX」

工具不要の ポン置きタイプのエブリィ専用ベットキットです!

置くだけでいいので、これさえあれば、車中泊はもちろん、大容量の荷室も確保できて一石二鳥。

シートもいろいろなパターンにアレンジ可能なので、最近流行のキャンピング仕様にしてもいいかもしれません。

最大180cmの長さが確保できるので、快適に過ごせると思います。

クッションの素材もチップウレタンとウレタンフォームなので、ソファーのような寝心地です。

これで、遠征や夜釣りも快適に過ごせそうですね。

バス釣りと車。お金にいとめをつけないくていいなら乗りたい車。
最近の若い人は、車にあまり関心がないらしいのですが、我々アラフォー世代は、車に求めるものが違うんですよね。やっぱり良い車に乗りたいっていうのが、本心にはあるんですよ。バス釣りに行くなら、こんな車で行きたい!という理想の車ってありま...

まとめ

ジムニー シエラ カスタムカーがカッコいいんだけど、釣り車としてどうなのか?
20年ぶりにモデルチェンジしたスズキのジムニー。今までジムニーがラダーフレームの車だということ以外、あまり気になることはありませんでしたが、今回のモデルチェンジにおけるエクステリアのデザインにはやられました。まず第...

考えてみれば、軽バンほど釣りやアウトドアに使える車はないですよね。

私は今まで、軽バンのスタイルはちょっと面白くないなと思っていたのですが、リフトアップした仕様を見て、ガラッと印象が変わりました。

リフトアップすることによってアウトドア感が出て、よりカジュアルでアクティブな車になるというのは発見でした。

そして、荷室の広さと維持費、あまり見かけないカッコいいスタイルが加わってくると、次の車は軽バンにしようかと本気で考えてしまいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました