デスアダー8インチで南湖ウェーディング 台風後の琵琶湖

ちょっとだけ時間が出来たので、2時間ほど南湖でウェーディングしました。

正直ウェーディングは久しぶりだったので、どこに行こうか悩みましたが、以前おかっぱりで57cmが釣れたポイントを思い出しました。

ウェーダーなら、狙えるポイントがもっと広がるなと思っていた場所だったので、行ってみました。

台風21号が通過してから二日後。ポイントに着くと、予想に反して減水してました。瀬田の洗堰は台風が上陸する前から放水量を増やして、あらかじめ減水してたみたいです。

最近サカマタシャッドが好調のようなので、敢えてデスアダー8インチのノーシンカーで攻めてみます(笑)

リップラップとマットが絡む良い感じのロケーション。

まずはマットの風裏側をチェックします。反応なし。

ちょい沖をチェック。反応なし。

マットとリップラップの間をチェック。トゥイッチしてポーズ。トゥイッチしてポーズを繰り返します。デス8のトゥイッチでちょっとしたポイントは、トゥイッチしたらロッドを必ず戻すことです。戻す動作をしないと、デス8がダートしてくれません。この慣性による自発的な動きがバスに効きます。

そして地味に繰り返していると、ラインに違和感!

次のトゥイッチでラインが走りました。フッキング!!

手応えはそこそこのグッドフィッシュ。

メジャーを忘れたので測ってないですが、多分45cmくらいでした。ウェーディングで釣れたので取り込みが楽しい!

最初に釣れて、その後全く釣れないパターンでした(汗)

タックル

  • ロッド:アウトクロス
  • リール:フエゴCT
  • ライン:モンスターブレイブ18lb
  • フック:リュウギ6/0オフセット
  • ルアー:デスアダー8インチ ノーシンカー

ラインは正直ちょっとオーバースペックだと思います。16lbでもいいと思います。

ロッドはアウトクロスです。サカマタシャッドやデスアダー8インチクラスのワームをノーシンカーで扱うのに、とてもマッチします。

レギュラーテーパーのアクションとロッドのハリも、ちょうどよく、ワームを操作しやすいです。パワーも十分あるので、カバー周りでも強引なやり取りをしても大丈夫です。

今回の釣り方では、リールはローギアじゃなければいいと思います。今回使ったリールはフエゴCTでギア比は7.3です。

ゴリゴリのウェーディングといえば湖西ですが、南湖もゆるーくウェーディングしようと思えば、釣りができるポイントは結構あります。

ド遠投だけがウェーディングの釣りではないので、おかっぱりでは狙えないカバーを狙って行くのも、それはそれで楽しめると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました